SKS(エスケーエス)ポンプ・空気入れを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SKS(エスケーエス)ポンプ・空気入れの詳細なカテゴリ

SKS(エスケーエス) ポンプ・空気入れの特徴・選び方

SKS(エスケーエス)特徴

特徴

日本国内でも、なじみ深いSKS(エスケーエス)のポンプ。創業は1932年の老舗ブランド。ドイツ生まれの製品は、品質が高く、信頼のおけるパーツがラインナップされています。メインプロダクトは、ポンプとマットガードです。サイクリストには必需品の製品を製造して、毎日のライドを支えています。80年以上もの歴史をもつメーカーの製品に対するノウハウは膨大で、非常に製品の完成度が高いです。新素材を使用した開発もされていて常に、進化した商品を展開しています。

SKS(エスケーエス)選び方

選び方

SKS(エスケーエス) AIRMENIUS (エアメニウス) 11140 2014年モデル 【フロアポンプ】【ポンプ・空気入れ】は、高価なフロアポンプですが、廉価版とは全く違う入れやすさを感じられます。まず持ってみると重厚感を感じます。バルブへ差し込み具合もスムースで、グリップを軽い力で下げていくだけで、スッと空気が入っていくのがわかります。ロードバイクでは高圧にするので、非常に頼もしいフロアポンプになるでしょう。こちらも、非常にしっかりとした作りのSKS(エスケーエス) RACEDAY (レースデイ) 10475 2014年モデル 【携帯ポンプ】【ポンプ・空気入れ】。携帯ポンプの貧弱さは微塵もありません。長距離ツーリング中でも安心できます。