FELT(フェルト)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

FELT(フェルト)の取扱いカテゴリ(自転車)

PARTS&ACCESSARY

FELT(フェルト)の取扱いカテゴリ(パーツ)

FELT(フェルト)について

1980年代からモトクロスのメカニックだったジム・フェルトが研究開発を重ねてきたロードバイクのレーシングブランドがFELT(フェルト)。
自身もトライアスリートであるという経験から、エアロダイナミクスに優れたバイクを多くラインナップしており、現在のトップレースに見られるエアロロードバイクブームに火をつけたブランドである。

歴史

製作にあたり、空気抵抗の削減とライディングスタイルの最適化を重視したフェルトは、幾度も風洞実験を重ねてバイクのデザインを練り上げました。
開発されたバイクは驚異的な性能を誇り、ジョニーは優勝、やがて彼の名声はチューブメーカーであるEASTON社に伝わり、EASTONブランドのチューブの開発を依頼されるようになりました。
カーボン、アルミ、チタンといった素材を独自の理論でブレンドしたチューブは、GT、トレック、スペシャライズドなど名だたるブランドに採用されたのです。
最初のトライアスロンバイクを作ってから10年後に、ジムは自転車産業界に広く顔の利くビル・ドーリングと、欧州市場のディストリビュータとして活躍していたマイケル・ミュルマンと、ドイツでFELT社を設立し共同経営に乗り出しました。
「To design, develop, and deliver the best bicycles in the world.」という言葉は、実直に、より良い製品づくりを目指す3人の共通した思いを表しています。
独自の理論によりアスリートの能力を極限まで引き出すフレームを開発し、ツール・ド・フランス、世界選手権、五輪、アイアンマンで数多くの勝利を獲得したFELTは、世界で最も尊敬されるレーシングブランドの1つになりました。
近年はカーボン生成方法を改良し、数年前までトップグレードモデルにしか採用されていなかったカーボンを惜しみなくローエンドモデルに採用することで、バイクの性能を飛躍的に向上させました。
さらにエアロダイナミクスの考えをロードレースに持ち込み、さらなる進化を続けています。
ツール・ド・フランスやオリンピックに出場する選手からのフィードバックを反映した、高性能なロードバイクをお求めやすい価格で市場に提供しているのがFELTブランドである。
クオリティも確かな物で、FELT社ではCPSC(アメリカ消費者製品安全委員会)が求める数値を大きく上回る社内規定を設けており、テストラボでは厳密な静荷重・剛性テストが日々繰り返し行われています。
コンピューター上でのシュミレーション、プロライダーによるテストライド、そして耐久性を確認する衝撃テスト、これら全てをクリアした商品だけが市場に出ることを許されます。

デザイン

FELTのバイクは長い年月をかけて幾度の試行錯誤を重ねて開発されます。まず、ものづくりを始める前に技術者、企画担当とプロ選手が自らの理念をぶつけあい、設計を担当するエンジニアがコンピューター上に描いた3Dのフレームにディレーラーやブレーキ、ホイールなどが組み込まれ、各部の機能性や耐久性が幾度もチェックされます。サイズごとにチューブの形状や肉厚を計算したデータを数値流体力学(CFD)ソフトウェアで何百時間も費やして分析。何十回もフレーム形状が見直され、いよいよプロトタイプ制作に入ります。こうして形になったものを更に風洞実験室で検証し、改良を加えていきます。
完成したプロトタイプは、精度や表面仕上げなどを厳格にチェックした上で、最終的にパーツを組み付けてテストライドされます。最終段階で開発チームとプロ選手が納得しなければ市販化されることはありません。簡単に開発し、それなりの価格で市販することはできますがそれはFELTの選択すべき道ではないのです。
時間はかかっても、より良いバイクだけを生産していくことがFELTのデザインを貫く信条です。