HOME / 

Brake(ブレーキ周り) / 

ロードバイクのディスクブレーキパッドの交換方法

公開日 :

投稿者:mechanic

ロードバイクのディスクブレーキパッドの交換方法

ブレーキパッドの交換

【注意】

油圧システムの場合は、作業中にブレーキレバーを握らないようにしてください。
ブレーキレバーを握ってしまった場合には、ピストンが異常に飛び出します。
ブレーキパッド表面に傷をつけないように注意して、マイナスドライバーなどで、ブレーキパッドを押し広げてください。
(ブレーキパッドが付いていない場合は、ピストンを傷つけないように注意して、板状の工具などで真っ直ぐに押し戻します)

1、ストッパー外し

赤枠で囲っているピンの脱落防止ストッパーを外します。

ブレーキパッドをキャリパーに固定しているピンをマイナスドライバーで緩めます。

固定ピンが割ピンの場合は、ラジオペンチなどで真直ぐに曲げなおし、引き抜きます。
パッド交換後は抜けないように開くようにして曲げなおします。

 

ブレーキパッドの交換

パッドを指で内側向きに押さえて、引き抜く

ピンとストッパーはキャリパーの付属品扱いの為、古いパッドと一緒に捨てないように注意してください。
パッドには付属していません。

逆の手順で新しいパッドに付け替えてください。

ブレーキパッドには向きがありますので、注意してください。
パッドにLRの表記があります。
前後のブレーキ共に、進行方向に対して表記通りに左右に嵌めてください。

その他ディスクブレーキのメンテナンス方法

ロードバイクのディスクブレーキのブリーディングや洗浄方法などは下記詳細記事を参考にしてください。

ディスクブレーキローターとパッドの洗浄方法はこちら

ロードバイクのディスクブレーキのメンテナンスとブリーディング方法についてはこちら

シェアをお願いします!

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)

SNSをフォローして新着情報をチェック!