Bianchi(ビアンキ)ロードバイク・ロードレーサーを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Bianchi(ビアンキ)ロードバイクの詳細なカテゴリ

Bianchi(ビアンキ) ロードバイクの特徴・選び方

Bianchi(ビアンキ)特徴

特徴

Bianchi(ビアンキ)はイタリアのミラノで1885年に創業した、古い歴史をもつ自転車ブランド。ビアンキのブランドカラー、イタリア語で空色を意味する「チェレステ」は、コンスタンテ・ジラルデンゴ、ガエターノ・ベロー、ファウスト・コッピを始め、努力家の英雄・フェリーチェ・ジモンディや、登りの芸術家マルコ・パンターニのような伝説的なチャンピオンのジャージと自転車の色として、注目されました。

Bianchi(ビアンキ)C2C

C2C

COAST TO COAST(大陸横断)というそのシリーズ名の通り、アップライトな乗車姿勢を基とするロングライドモデル。重量面も考慮されたカーボンモデルはヒルクライムもこなし、手頃な価格のアルミモデルはツーリングに最適。IMPULSO(インプルーソ)、VIA NIRONE(ヴィアニローネ)など。

Bianchi(ビアンキ)B4P

B4P

BORN FOR PERFORMANCE(パフォーマンスの為に誕生)という名の通り、勝利にこだわるレースライドモデル。その攻撃的な低い前傾姿勢は空気抵抗を減少し、かつライダーのパワーを余すところ無くペダルへ伝える。チェレステカラーを散りばめた個性的なデザインも人気の秘密。SEMPRE(センプレ)など。