サイクル用ヘッドライトの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用ヘッドライト

ヘッドライトはその明るさが10メートル前を照らすことが出来るもののことを言います。乾電池式・USB充電式・大光量充電式・発電式・ブロックダイナモ・ハブダイナモなど、様々な電源があります。 最近ではLED電球を使用するライトが増えてきました。使用用途に応じてライトを選ばれてみてはいかがでしょうか。 サイクル用ヘッドライト

サイクル用ヘッドライトの詳細なカテゴリ

乾電池式

乾電池式

乾電池式のヘッドライトは乾電池で動くものになります。乾電池式のメリットは電池が切れても電池がすぐに交換がきくという点がなポイントになります。

USB充電式

USB充電式

USB充電式のヘッドライトはUSBで充電を行いバッテリーで動くものになります。USB式のメリットは充電はすることで何度も使用することが出来るという点になります。

大光量充電式

大光量充電式

大光量充電式のヘッドライトは、その名の通り、大光量のヘッドライトです。充電式を採用し、強力な光で路面を照らします。街灯の少ない道を走行するときは心強い味方になります。外付けバッテリータイプのものもあります。

発電式

発電式

発電式のヘッドライトは太陽の光で発電するタイプのものになります。メリットは自転車に取り付けているだけで充電でき、バッテリーについて交換する必要がない点です。

ブロックダイナモ(発電式)

ブロックダイナモ(発電式)

ブロックダイナモは主にママチャリについいている様なタイヤとライトを擦り合わせて発電するライトになります。

ハブダイナモ(オートライト)用

ハブダイナモ(オートライト)用

ハブダイナモはママチャリなどの前輪のハブに発電するところがついていて、基本的に暗くなると自動的につくのものになります。ブロックダイナモと違いタイヤと擦り合わせてないのでこちらはタイヤを傷めないです。

サイクル用ヘッドライトのおすすめブランド

CAT EYE(キャットアイ)

CATEYE(キャットアイ)は、1954年設立の日本のメーカーです。リフレクターやライト、サイクルコンピュータなどを主に製造しています。それらの製品を通じて、ライダーの、健康で安全かつ快適な自転車ライフをサポートしています。キャットアイの製品は、世界中のサイクリストに愛用され、高い評価を得ています。ヘッドライトは、街頭の無い真暗闇でも走行できる大光量の充電式ライトから、街中で気軽に使用できる乾電池式のライトまでラインナップしています。

GENTOS(ジェントス)

GENTOS(ジェントス)は、自転車用のみならず、卓上ライトやランタン、ハンディライトなどのライトを展開するメーカーです。GENTOSのバイクライトは、自動車のロービームを再現した明るさをコンパクトなボディに詰め込んでいます。さまざまなライフスタイルに合わせたラインナップは、快適で安全なナイトライドを実現します。

SERFAS(サーファス)

サーファスは1993年にアメリカ・カリフォルニアで誕生したブランドです。サイクリングのファンであった創設者が自分たちに合う快適なサドルの開発に着手したことがそもそもの始まりです。現在ではサドルだけでなく、様々なアパレル・自転車パーツで快適な商品を展開しており、総合パーツブランドと呼べるほどの商品点数になっています。

サイクル用ヘッドライトについて

サイクル用ヘッドライトの特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用ヘッドライトの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用ヘッドライトのオススメの選び方を紹介します。サイクル用ヘッドライト選びにご参考ください。