FUJI(フジ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

FUJI(フジ)の取扱いカテゴリ(自転車)

PARTS&ACCESSARY

FUJI(フジ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

FUJI(フジ)について

FUJI(フジ)とは、創業100年以上。かつては「日米富士」として知られたが、現在はアメリカが資本となりペンシルベニアに拠点を構える。
ストリートバイクを中心にラインナップしていたが、近年はトラック競技・ロードレースで積極的にレースシーンにも参戦している。ピストブームの火付けブランドでもある。

FUJI(フジ)の歴史

1899年 創業者岡崎久次郎が米国製懐中電灯の輸入販売を始める。
1903年 販売の主力を自転車とカメラにおく
1928年 従来の商標「ラーヂ」を「富士」に改称
1972年 FUJI ブランド輸出開始
1974年 FUJIは、今や世界中から絶大なる支持を受けているShimano Dura Aceを最初に装着したメーカーの一つであった。 1974年、1976年そして1980年には富士は、全米コンシューマーレポートランキングで見事1位を獲得。
2001年 経営方針を変更し、量販店から自転車専門販売店になる。ヨーロッパのマーケティング・販売会社と契約することにより、16カ国での取り扱いへ拡大する。
2005年 FUJIは、品質、パフォーマンスと価値が認められ、世界36ヶ国で販売される。
2012年 アジア初のプロコンチネンタルチーム「Champion System Pro Cycling Team」に機材供給を行う

特徴

FUJIといえば、やはりピストバイクのFEATHERは外せません。ストリートバイクのパイオニア的な存在から、FUJIといえばデザインに富んだカジュアルバイクという印象を持たれる方が多いようです。現在ではロードバイクを中心に最速を目指すハイエンドカーボンバイクなども開発し、実際のレースシーンでも結果を出しています。