KTC(ケーティーシー)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

KTC(ケーティーシー)の取扱いカテゴリ(パーツ)

KTC(ケーティーシー)について

KTCは日本を代表するハンドツールメーカー。「軽くて強くて使いよい」を基本に高品質、独創的な技術力で市場をリードしています。10,000アイテムにも及ぶ多彩な製品を開発し、アイテム数・生産量ともに国内No.1の実績と信頼を得ています。1950年に創業し、自動車用の搭載工具の生産からスタートし、モータリゼーションによる需要拡大に応えるため市販用工具に進出。以後、世界最高水準にある日本のカーテクノロジーを支える高品質な工具メーカーとして認められ、通産省・防衛省・国鉄指定銘柄にもなりました。

KTC(ケーティーシー)の歴史

1950年 京都市にて創立。
1953年 通産省優良自動車部品A級認定。以後、防衛省・国鉄銘柄指定。
各地に工場・事業部を設置し、高い品質の製品を安定的に供給する。
1994年 鈴鹿サーキット公認工具の許可取得。
2005年 進化型デジタルトルクラチェット「デジラチェ」発売。

特徴

KTCは様々なツールを展開しています。一般的な作業でも使用する豊富な汎用ツールから、多様な計測機器、自動車・オートバイ・自転車用に特化したツール、ツールセットや収納箱など、工具に関するありとあらゆる製品を展開しています。その精度の高さからプロ御用達の工具メーカーとして認知され、工具にこだわりを持つホビーユーザーからも高い支持があります。