KTC(ケーティーシー)メンテナンスを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

KTC(ケーティーシー)メンテナンスの詳細なカテゴリ

KTC(ケーティーシー) メンテナンスの特徴・選び方

KTC(ケーティーシー)特徴

特徴

京都機械工具株式会社の工具ブランドとして、高い品質の工具を送り出しているKTC(ケーティーシー)は、創業1950年。急速な車社会の発展によって、確実に販売を伸ばしてきました。戦時中は、戦闘機の整備にも使われるほど、確かな工具として使われてきました。その高い品質を誇るKTC(ケーティーシー)が、自転車工具をラインナップしています。確かな工具で、確実な整備を行い、快適なサイクリングライフをおくりましょう。

KTC(ケーティーシー)選び方

選び方

自転車パーツには、十字穴付きネジは、ほとんど使われていることが無く、基本的には六角穴付きボルトが使われています。自転車整備をするなら、非常に使用頻度が高い、この工具は「いいもの」にするべきでしょう。KTC(ケーティーシー) ボールポイントL形ヘキサゴンレンチセット(9本組)(HLDA2509)は、ボルトに入る先端部分以外は、丸棒になっていて、剛性が上がっています。このことで、しなりが最小限になり、よりダイレクト感が高まります。ネジの締まった感覚が、手に伝わりやすく整備しやすくなります。ロングライドや、通勤でも非常時の為に、携帯工具は持ち歩きたいものです。KTC(ケーティーシー) マルチツール4システム(HLM04)なら、携帯工具でも使いやすく、ビットも必要なものに交換可能です。