KENDA(ケンダ)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

KENDA(ケンダ)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

KENDA(ケンダ) タイヤ・チューブの特徴・選び方

KENDA(ケンダ)特徴

特徴

1962年創業のKENDAは台湾のタイヤメーカーです。中国国内にいくつもの工場を持ち、自動車のタイヤも生産するなど、規模を拡大しています。MTBのトップライダーへの供給によって、価値あるデーターを獲得し、性能が大きく向上しています。伝説のマウンテンバイクライダー、ジョント マックと共に開発をしたNevegal。当時、彼は今では考えられないクロスカントリーとダウンヒル同時に戦っていました。KENDAは、そんな時代からMTBレース界と共に歩んできました。

KENDA(ケンダ)選び方

選び方

一番人気のNEVEGAL JOHN TOMAC SIGNATURE (ネベガル) DH STICK-E 26×2.35 WIRE(CAP PLY)【MTB用ブロックタイヤ】【クリンチャー】はジョントマックモデルで、ミディアムコンディションからマッドコンディションまで、文句なしのグリップが確保でき、タイヤの選択で迷ったら、まずこれでしよう。ストリートライダーには、 カラータイヤのK-RAD 26” DIRT TRACK & STREET (ケーラド) SRC 26×1.95 WIRE WHITE【MTB用ブロックタイヤ】【クリンチャー】。アスファルトでもスムースなブロックを採用しています。