ULTEGRA

シマノのロードバイク用コンポーネントでは最高峰のデュラエースに次ぐ2番目のグレードと位置づけられているのがULTEGRA(アルテグラ)。
登場時はシマノという名称で高級機種のデュラエースに対してツーリング向け・廉価機種という位置づけであったが、その後度々改名されるとともにロードレース用高級コンポーネントへと変化していった。ランニングコストが安く性能が高いとしてデュラエースよりも好んで使用する自転車愛好家も存在する。また選手の練習用にも良く採用され、実戦的なコンポーネントとしてヨーロッパのプロ選手を始め多くの選手に多く使用されています。

6800系(11)速

11スピード、4アームクランク、左右対称デュアルピボットブレーキ、ポリマーコーティングインナーケーブル、SIL-TEチェーン等プロツアーに実戦投入されているDURA−ACE(デュラエース)のフィードバックをうけ、デビューしたのが6800系ULTEGRA(アルテグラ)です。

  • デュアルコントロールレバー

    スリムでコンパクトなブラケット形状で握りやすく軽快な操作感、そしてショートストロークでレスポンスが向上しています。
    さらにポリマーコーティングケーブルとの組み合わせにより、変速とブレーキの操作力を大幅に軽減できます。

  • リアディレイラー

    新しいスプリングメカニズムを採用し、リアシステムを再設計、素早く正確な変速が可能です。
    そしてどのギアポジションでも均一な操作力で変速ができます。

  • フロントディレイラー

    ST-6800とポリマーコーティングケーブルとの組み合わせにより、ショートストロークで操作力の軽減を実現しました。プルアームを新設計することで、よりダイレクトで軽快な変速が可能。

  • クランク・チェーンホイール

    DURA-ACEを継承した4アームデザインにより、軽量でありながら高い伝達効率をそなえています。耐久性を確保しながら14gの軽量化、フリクションはSM-BB6700の半分に低減しています。

  • キャリパーブレーキ

    ポリマーコーティングケーブルBC-R680との組み合わせにより、驚くほど軽い引きとスムーズで繊細なブレーキコントロールが可能。
    左右対称のデュアルピボットブレーキアーチ。

  • カセットスプロケット

    11−32Tなど、多彩なギアコンビネーションがラインナップされています。自分に最適なギア比が選択できます。

  • フロントハブ

    カップ&コーンベアリングで優れた耐久性と防水性能を持っています。またメンテナンス性にも優れトレーニング用に最適です。

  • スピードチェーン

    スムーズで安定した変速を実現するため、チェーンの左右プレートを個別に設計した非対称形状を採用。
    MTB用11スピードコンポーネントと互換性があります。

  • ホイールセット

    コストパフォーマンスに優れています。ハブ以外を新品に組みかえれる有償のホイールサポートもあります。

  • ペダル

    抜群のパワー伝達効率と耐久性を兼ね備えたカーボンコンポジットモデル。
    固定力にも優れ、レースでも安心して使えます。

さらに上位グレードへ

SHIMANO DURA-ACE(シマノ デュラエース)

DURA-ACEはシマノが誇る最上位グレードのコンポーネントです。これまでにない軽さとエルゴノミック、そして精密さ。
フルモデルチェンジを果たしたDURA-ACEは、個々のメカニカルな性能向上のみならず、変速システムの新たな1ページを開いたDi2システムの礎となる。

11スピード化したカセットスプロケットをはじめ、数々の進化が生み出す、まさに圧倒的なパフォーマンス。

DURA-ACEの走りは勝利に向けてシフトし続けていく。

ON-ROAD DISK BRAKE SYSTEM(オンロード・ハイドロリック・ディスクブレーキ)

オンロード用の油圧ディスクブレーキ油圧ブレーキに最適化されたデュアルコントロールレバーはスムーズな変速と高い制動力を兼ね備えている。
天候に左右されることなく、安全性を確保でき、快適にライディングすることができる。
シクロクロスではさらにその制動力の恩恵に与かることができる。

商品一覧

  • デュアルコントロールレバー

    オイルタンクが入っているとは思えない程小型化している。その引きの軽さはシクロクロスレースで強力な武器になるだろう。

  • ディスクブレーキキャリパー

    シマノMTB用コンポーネントの最上位XTRの技術が採用されている。シクロクロスでも使える高い制動力を持っている。

  • ディスクローター

    冷却効果に優れる、ラジエーターフィン付きクラッドローター。
    アルミアダプターとローター構造で剛性と軽量性を実現。

  • ディスクブレーキ用ハブ

    センターロック式ディスクマウント採用。

PARTS&ACCESSARY

SHIMANO ULTEGRA(シマノ アルテグラ)その他のカテゴリーもチェック

ULTEGRA(アルテグラ)の歴史

1975年 ロードスポーツコンポーネントSHIMANO 600として誕生。当時は6100シリーズ5スピードとしてデビュー。
1978年 6200シリーズ 5/6スピードに。カセットフリーハブ、Wカット付きチェーンリング、
ハッチプレート付きリアディレイラーなど数々の新機構を搭載し、唐草模様のデザインで生まれ変わる。
1983年 設計を根本から見直し、基本性能を大きく向上させた6207シリーズ6スピードSHIMANO 600 EX。
1986年 SIS(シマノ・インデックス・システム)を搭載した6208シリーズがデビュー。
1987年 ULTEGRAという名前が初めて登場。6400シリーズ 6/7/8スピード SHIMANO 600 ULTEGRとしてデビュー。
SLR(シマノ・リニア・レスポンス)ブレーキシステムを採用。
1990年 HGスプロケット、クリップレスペダルの採用。
1991年 スーパーSLRの採用。
1992年 STIデュアルコントロールレバーの採用。
1997年 6700シリーズ9スピード、SHIMANO 600 ULTEGRA からSHIMANO ULTEGRRAとなり、
ホローテッククランク、オクタリンク、シマノハイパードライブシステムを採用。
2005年 10スピードシステム採用の6600シリーズ誕生。ホローテック競ランク採用。
2008年 軽量化したSHIMANO ULTEGRA SL登場。
2010年 HOLLOWGLIDチェーンリングを採用。コンパクトになったデュアルコントロールレバーを採用。
2013年 ULTEGRA6800デビュー。