SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)ワイヤー用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ) ワイヤー用の特徴・選び方

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)特徴

特徴

コンマ一秒を争うレース指向のフラッグシップモデルからコストパフォーマンスが重視される入門車向けのモデルまで幅広く手掛け、世界中のライダーにその名を知られているSHIMANO(シマノ)が誇るロードバイクベーシックグレードコンポーネントがTIAGRA(ティアグラ)です。TIAGRA(ティアグラ)のデュアルコントロールレバーは、スリムでエルゴノミックなブラケット形状を持ち、入門ライダーにも便利な機能の数々を備えています。

SHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)選び方

選び方

TIAGRA(ティアグラ)のデュアルコントロールレバーは、前モデルの4600シリーズと最新モデルの4700シリーズ双方においてダブル仕様及びトリプル仕様がラインナップされています。4600系の特徴としては、外回しタイプのシフトケーブルルーティングと使用中のギアの位置が視認できるオプティカル・ギア・ディスプレイが、4700系の特徴としては上位モデルにより近い構造であるケーブル内蔵仕様やブラッシュアップされた新型ケーブルが挙げられます。