SCHWINN(シュウィン)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SCHWINN(シュウィン)の取扱いカテゴリ(自転車)

SCHWINN(シュウィン)について

1895年にシカゴで原型が築かれたアメリカの老舗ブランドのSCHWINN(シュウィン)。
ストリームラインのビーチクルーザーを制作しており、その自転車をゲイリー・フィッシャーらが改造して山遊びに持ち込んだのがMTBの興りといわれている。現在では斬新的なデザインのシティバイクを中心にラインナップ。

SCHWINN(シュウィン)の歴史

1895年 シカゴにおいてシュウィンが設立される
1896年 全米に300有余の自転車製造会社があり、シカゴにはその内の101社がひしめき合っていました。
シュウインは他社との競争を開始し、その年の終わりには競争にうち勝ち頂点に立ちます。
1909年 T型フォードなどの低価格な自動車の誕生により、大人たちは自転車への興味を失い始めました。
製造技術の進歩は低価格化をうながし、子供用自転車の製造が可能になりました。子供たちの酷使に耐えるタフな自転車を開発しました。
1925年 「大恐慌」によりほとんどの自転車会社は廃業。シュウインは果敢にも会社の規模を増大させ、積極的に新製品の開発に取り組みました。
1935年 自転車盗難に対する「最終的な解決」として自転車錠「サイクルロック」を導入。
1965年 シュウィンは自転車だけではありません。フィットネスに流行の兆しを見て取ったシュウインは家庭用のフィットネスマシンを発売。
1998年 MTB産業にはあまり手を出していませんでしたが、フルサスペンションのMTB「4 バンガ―」を発売。"得られるものの中で最高" と「マウンテンバイク」誌は絶賛。
現在もシンプルなシングルスピードバイク等、人気自転車を世に送り出している

SCHWINNの代名詞

SCHWINNの代名詞といえば、クルーザーです。昔から親しまれているアメリカの代表的なクルーザーは、様々な世代の人たちに親しまれ、愛されています。曲線的でスタイリッシュなデザインと、スムーズで快適な乗り心地を実現したクルーザーはゆったりとしたライフスタイルにマッチします。
生活に密着する自転車を主にラインナップするSCHWINN。通勤やフィットネスに最適で、アクティブなアーバンライドをサポートします。キッズモデルも充実しており、親子で自転車ライフを楽しめます。