santini(サンティーニ)サイクルウェア・グローブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

santini(サンティーニ)サイクルウェア・グローブの詳細なカテゴリ

santini(サンティーニ) サイクルウェア・グローブの特徴・選び方

santini(サンティーニ)特徴

特徴

1965年にサイクリングウエアの生産を始めたsantini サンティーニ。サイクリングジャージといえば、ウールだった時代から、サイクリングウエアを作り続けています。長年にわたるヨーロッパのトップチームへのスポンサードは、サイクリングへの情熱が絶えないsantini サンティーニのアイデンティティといえるでしょう。新商品の開発にも余念が無く、1976年にはそれまでのウールから、ビブショーツ+ライクラ生地を導入し、サイクリングジャージの快適性を一気に上げました。老舗santini サンティーニの技術と経験は、深いものがあります。

santini(サンティーニ)選び方

選び方

イタリアンデザインはとても高いレベルで、santini サンティーニも例外ではありません。着た瞬間に体にフィットして、ストレス無くペダリングに集中できます。santini サンティーニウエアが初めてなら、まずはスタンダートモデルの EGO エゴ(2012年モデル)。スタンダートモデルとはいえ寒さ厳しいヨーロッパの基準であり、日本の本州の冬であれば十分対応可能なビブタイツです。冬のタイツの選び方は腰までのノーマルタイプと、肩掛けのあるビブタイプとありますが、やはり腹部の圧迫がないビブタイプがおすすめです。