santini(サンティーニ)メンズウェアを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

santini(サンティーニ)メンズウェアの詳細なカテゴリ

santini(サンティーニ) メンズウェアの特徴・選び方

santini(サンティーニ)特徴

特徴

1965年にサイクリングウエアの生産を始めたsantini サンティーニ。サイクリングジャージといえば、ウールだった時代から、サイクリングウエアを作り続けています。長年にわたるヨーロッパのトップチームへのスポンサードは、サイクリングへの情熱が絶えないsantini サンティーニのアイデンティティといえるでしょう。新商品の開発にも余念が無く、1976年にはそれまでのウールから、ビブショーツ+ライクラ生地を導入し、サイクリングジャージの快適性を一気に上げました。

santini(サンティーニ)選び方

選び方

すべてのプロダクトをイタリア国内生産で貫くsantini(サンティーニ)の姿勢は、中国生産に頼るアパレルメーカーにとって学ぶべきところがあるかもしれません。santini サンティーニ 2012年モデル TRITON トリトンは、Windstpopper X-Freeを使用した防風と保温が高いモデルです。ビブタイプは快適な履き心地を約束してくれますが、ビブ部分がアンダーシャツと重なってしまうので、高い運動強度のトレーニングの場合は、腰に汗が溜まってしまいます。TRITON (トリトン)は、この部分をメッシュに置き換えて快適性を飛躍的に上げています。伸縮性も高く快適なトレーニングができるでしょう。うウインタージャケットのハイエンドモデルsantini サンティーニ 2012年モデル ZEUS ゼウスがあれば、厳しい冬のライディングが、かなり快適になるでしょう。