PARK TOOL(パークツール)メンテナンスを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

PARK TOOL(パークツール)メンテナンスの詳細なカテゴリ

PARK TOOL(パークツール) メンテナンスの特徴・選び方

PARK TOOL(パークツール)特徴

特徴

Park Toolは1963年に創業開始。大手の自転車工具専門メーカーです。自転車用工具を製造するメーカーは数多く存在しますが、Park Toolは自転車への情熱に溢れ、使いやすく、よりよい製品を目指して日々、企画製造しています。日本国内でもthe Park Tool schoolという、メカニックスクールを開設しメンテナンスの楽しさを伝える、とても貴重な体験ができるプログラムを用意しています。日々のメンテナンスは突然のトラブルを防ぐために、とても重要です。

PARK TOOL(パークツール)選び方

選び方

常に携帯したいのはParktool I-BeamFoldingTool (IB-3C) パークツール アイビームフォールディングツールです。トラブルは突然起こります。サイクリストは、常に車が通らない静かな山道を探して走っています。気持ちのいい山道ほど、トラブルが起きたときに自ら対処することが必要になってきます。やはり携帯ツールは必須アイテムでしょう。サイクリングイベントやレース前には、フレームをピカピカにするほかに、チェーンの汚れを落として、極力走行抵抗を低くしたいものです。Parktool ChainGang CleaningSystem (CG-2.2) パークツール チェーンギャングがあれば、手作業では出来ないチェーンプレートの内側の汚れまで落ちますので、効果的にチェーン洗浄が可能です。