EASTON(イーストン)MTB用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

EASTON(イーストン)MTB用の詳細なカテゴリ

EASTON(イーストン) MTB用の特徴・選び方

EASTON(イーストン)特徴

特徴

1922年創業という長い歴史を持つEASTON (イーストン)。自転車パーツを多くラインナップしているので、自転車パーツ専門ブランドというイメージですが、もともとはアルミ製のアーチェリーシャフトを製造するアルミ加工が得意なメーカー。アルミバイクが全盛の時代には、EASTON (イーストン)の管材を使ったバイクフレームが多く見られました。しかし、カーボン時代の流れにも、いち早く対応したEASTON (イーストン)は、非常に性能が高いカーボンホイールをリリースしています。

EASTON(イーストン)選び方

選び方

近年タイヤサイズの流れがめまぐるしく変わるMTBレース界。26インチ、29インチときて、最近は27.5インチが登場しました。もともとは650Bというサイズは、ランドナーという自転車旅行目的の自転車で普及していたタイヤサイズなのです。26インチと29インチの中間サイズなので、走破性の高さ、取り回しの良さと両者のいいところをとったサイズということで、広まりつつあります。EASTON(イーストン) HAVEN(14) フロントリア Blk 15×100 650B/27.5” 【前】【後】【27.5インチ】は、EASTON (イーストン)のアイデンティティを感じるアルミリムで、毎日ガンガン使えるホイールとしておすすめです。