EASTON(イーストン)MTB/クロスバイク用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

EASTON(イーストン)MTB/クロスバイク用の詳細なカテゴリ

EASTON(イーストン) MTB/クロスバイク用の特徴・選び方

EASTON(イーストン)特徴

特徴

1922年創業という長い歴史を持つEASTON (イーストン)。自転車パーツを多くラインナップしているので、自転車パーツ専門ブランドというイメージですが、もともとはアルミ製のアーチェリーシャフトを製造するアルミ加工が得意なメーカー。アルミバイクが全盛の時代には、EASTON (イーストン)の管材を使ったバイクフレームが多く見られました。高い技術で製作されたパーツ類は、オフロードの強い衝撃にも耐える剛性を備えています。

EASTON(イーストン)選び方

選び方

オーソドックスなルックスのこちらのステムEASTON イーストン EA50 8° STEM 31.8 EA50 8°ステム【ロード用ステアリング周辺パーツ】【アヘッドステム】は、どんなバイクにも合わせやすくスマートに決まります。マウンテンバイククロスカントリーで今主流のワイドハンドルをご検討ならEASTON(イーストン) EC70 ワイドXCバー 720 31.8(14) 9D 【31.8mm】【ストレートハンドルバー】。166gと軽量で高い剛性からカーボンハンドルの恩恵を十分受けられるでしょう。EASTON(イーストン) HAVOC35 ステムはステムクランプとハンドルバーの径がφ35mmと、現行の主流が31.8个らすると、かなり太くワイドハンドル時代に適応した商品です。ハンドルはEASTON(イーストン) HAVOC35 カーボンライザーバー 800 35.0 LO など、クランプ径がφ35个寮宿覆鮖藩僂靴泙后