Dixna(ディズナ)コンポーネント・パーツを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Dixna(ディズナ)コンポーネント・パーツの詳細なカテゴリ

Dixna(ディズナ) コンポーネント・パーツの特徴・選び方

Dixna(ディズナ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、TOYO製フレームのテスタッチブランドや、MTB系パーツを中心としたgrunge(グランジ)に対し、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。多くの日本人トップライダーをサポートし、レース現場で性能が実証されています。

Dixna(ディズナ)選び方

選び方

リムとのクリアランスを大きく確保できるDixna (ディズナ) Canti Brake (カンティブレーキ)【シクロクロス用コンポーネント】【カンチブレーキ】は、泥詰まりに強く、少々リムが振れてしまってもブレーキシューをこすってしまうことがありません。レース中にトラブルが多いシクロクロスには、ありがたいブレーキです。海外トップカテゴリーのレースでは、このタイプのブレーキが使われなくなってきましたが、バイク交換を頻繁にしないクラスのレースでは、かなりのアドバンテージとなるでしょう。CNC削り出しのDixna (ディズナ) CNC Dual Pivot Brake (CNCデュアルピポッドブレーキ) 前後セット【ロード用コンポーネント】【ブレーキ】は、個性を出したいあなたにぴったりです。軽量でカラーも豊富にそろっています。