cannondale(キャノンデール)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

cannondale(キャノンデール)の取扱いカテゴリ(パーツ)

cannondale(キャノンデール)について

cannondale(キャノンデール)は、1971年にアメリカ コネティカット州で設立されたブランドです。バイクの未来を見つめ、可能性を追求し、画期的なアイデアで世界中のファンに新たな驚きと楽しみを提案し続けてきたcannondale(キャノンデール)。アパレル・アクセサリー等のバイク部門以外も強化し、充実した品揃えで、総合自転車メーカーとしてさらなる飛躍を目指しています。

cannondale(キャノンデール)の歴史

1971年 自転車用のトレーラーからスタート。
1983年 TIG溶接のアルミフレームツーリングバイクを発表。
1984年 初のオーバーサイズマウンテンバイクを発表。
1991年 初のリアサスペンション搭載のマウンテンバイクを発表。
1994年 MTBレースに参戦し、華々しい結果を残す。以後、駆動系パーツを軽量化やダウンヒルバイクなどで注目を集める。
2000年 特徴的な片足サスペンションシステム、LEFTYを開発。
2001年 軽量で剛性のあるBB30規格を発表。
2003年 アルミやカーボンを素材とする軽量ロードバイクの開発に着手。
2007年 以後、ロードバイクやマウンテンバイク、シクロクロスなどの世界のトップレースでチャンピオンを多数輩出し続ける。

特徴

ユニークなアイデアと技術革新で成長してきたブランド、Cannondale(キャノンデール)。中国・台湾の大規模生産が一般的になる頃、MADE IN USAで差別化を図り、今では当たり前になっているMTB用リアサスペンションを量産し、高剛性アルミフレームや片足サスペンションのLEFTYを開発してきました。パーツ・アパレルに関しても、キャノンデールらしいアイデアとデザインを取り込んだものが豊富に展開されています。