Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)シクロクロス用タイヤを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)シクロクロス用タイヤの詳細なカテゴリ

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア) シクロクロス用タイヤの特徴・選び方

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)特徴

特徴

自転車タイヤの生産を初めて60年。常に最先端のタイヤを作り続けているVittoria(ヴィットリア)。タイ・バンコクにある工場では研究開発から生産まで一貫して行われています。老舗だけあってチューブラー製造の高い技術をもっていて、常に品質の高い製品を、世に送り出しています。メンテナンス性が落ちるチューブラーが、なぜ今でも最高峰のレースで使用され続けているのか。それは他のタイヤ構造には無い、乗り心地とグリップを得られるからです。

Vittoria(ヴィットリア、ビットリア)選び方

選び方

シクロクロスでは断然チューブラーが優位です。マウンテンバイクのように太いタイヤで空気量が多くないために、グリップを稼ごうと低圧にすると、WOの場合すぐにリム打ちしてしまうからです。Cross Evo XG(クロス エボXG)はオールマイティーな全天候型タイヤです。路面状況、コースによってタイヤの種類を選択するべきですが、ホイールを何種類も所有していないライダーは、これ一つで十分です。Cross Evo XN(クロス エボXN)はドライかつ舗装路が長いコースなどで非常に有効です。サイドにノブがついているので、安定したコーナーワークが可能です。シクロクロストレーニングではこれらと同様のパターンのWOがラインナップされているので、実際のグリップ感覚を確認しながら、WOなのでパンク時のリカバリーも安心して、効率のよいトレーニングが可能でしょう。