SIGMA(シグマ)心拍計付きを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIGMA(シグマ) 心拍計付きの特徴・選び方

SIGMA(シグマ)特徴

特徴

SIGMA SPORT(シグマ)は、自転車の利用が盛んなドイツの高度な技術開発力を基にサイクルコンピューター販売をメインとするブランドです。すでに25年以上の歴史を持ち、サイクルコンピューターやその関連製品、心拍軽機能付き腕時計、ライトなどの製品を生み出し、開発、価格、品質向上への追求とともに世界のリーディングブランドとして発展させています。SIGMA SPORTの心拍計付きサイクルコンピューターは、バイクから取り外し、ハイキングモードとして心拍や高度が計測できるモデルがあります。心拍計は2種類の心拍計表示ができるようになっています。これらのワイヤレスタイプは、妨害されにくい新開発のSTSワイヤレス機能を搭載し、確実な計測ができるようになっています。オートスタート機能を持ったモデルもあり、とても便利な使い方ができます。

SIGMA(シグマ)選び方

選び方

SIGMA SPORTの心拍計付きサイクルコンピューターは、心拍計の他、ケイデンス、消費カロリー表示などを含む36の機能を持ったモデルがオススメです。このモデルは、パソコンへデータを取り込めることができるので、時系列でデータを見ることができ、その管理に適したモデルです。