SIDI(シディ)マウンテンバイク用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIDI(シディ) マウンテンバイク用の特徴・選び方

SIDI(シディ)特徴

特徴

モーターバイクのブーツとサイクリングシューズを製造するSIDI シディは、プロ選手の着用率が高いブランドです。チームが他のシューズメーカーと契約していると、SIDI シディの名前を消して履く選手もいるほどです。ラチェット式のベルトと、前方は2本のベルクロでフィット感を高めるジェニウスシリーズは大ヒットしました。現在のラインナップはいろんなアッパー固定方法から選ぶことができます。

SIDI(シディ)選び方

選び方

最新モデルがこちらSIDI(シディ) MTB CAPE 2014年モデル 【マウンテンバイク用】。ラチェット式ベルトと、前方はワイヤーで締め付ける方法で全体を包み込みます。マウンテンバイクモデルだと、トップモデルでもブラックのみというラインナップのブランドが多い中、当たり前のようにホワイトをラインナップしてくるのは、さすがSIDI(シディ)です。トップモデルがSIDI(シディ) MTB DRAKO 2014年モデル 【マウンテンバイク用】でカーボンソール採用です。実際にバイクを降りて走るシクロクロスであっても問題ありません。ロードと同じソールではなくオフロード用に、たわみを味付けしています。シクロクロスで活躍できそうなSIDI(シディ) MTB BUVEL 2014年モデル 【マウンテンバイク用】は、ラチェット式ベルトにメッシュレスで、泥や雪の侵入を防げます。