shinko(シンコー)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

shinko(シンコー)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

shinko(シンコー) タイヤ・チューブの特徴・選び方

shinko(シンコー)特徴

特徴

Shinko (シンコー)は、1946年に大阪で自転車用タイヤの製造からスタートしました。その後、モーターサイクル用タイヤの製造にも着手し、成功を収めています。弛まない開発を続けることで、ゴムを知り尽くしたShinko (シンコー)のタイヤは、ロングライフと高いグリップを両立しています。そして、コストパフォーマンスが高く、ヘビーユーザーにとっては、非常にありがたいでしょう。独自の技術を使った製品も多く、個性あるタイヤメーカーです。

shinko(シンコー)選び方

選び方

待ち乗りは、意外にも段差が多く、マウンテンバイクはオフロードのみならず、オンロードでも快適な乗り物です。Shinko (シンコー) SR-064 MTB SLICK TIRE (MTB用スリックタイヤ) 26×1.95 H/E【MTB用タイヤ】【オンロード】は、スリックパターンを採用し、まさにオンロードを快適に走るマウンテンバイクタイヤです。EPDM技術を採用して、経年劣化を抑制し、屋外保管にはうれしい技術です。通勤にぴったりのShinko (シンコー) SR-018 SPEED CROSS BLACK (スピードクロス ブラック) 700×28C【クロス・ツーリング用タイヤ】【オンロード】。太めの28Cで、ロードバイクの軽さを犠牲にせず、乗り心地のいい太さを採用しています。