SCOTT(スコット)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

SCOTT(スコット)の取扱いカテゴリ(パーツ)

SCOTT(スコット)について

現在はスイスに拠点を置く、ロードバイク・TTバイク・MTBなど幅広いスポーツバイクをラインナップするブランドのSCOTT(スコット)。
軽量、空気抵抗、剛性と様々な要素に対して、高いレベルでバランスよく設計された高性能なバイクはレースでの結果を求めるライダーにおすすめです。スキーのポールやゴーグルでもおなじみで、自転車以外のスポーツファンにも人気のブランドです。

SCOTT(スコット)の歴史

1958年 アメリカのエド・スコットが世界初のアルミ製ポール(スキーのストック)を開発。さらにモトクロス専用ゴーグルも製造するようになった。
1978年 同社はフリブールに近いジヴィジエに欧州本社を開設した。
1986年 スコットは、サイクリングの歴史の中で最も重要な製品、空気力学的なハンドルバーの技術を導入しました。MTBの製造を開始するとともに、スキーのダウンヒル選手のフォルムにヒントを得たのである。当初はトライアスロン選手しか着目されなかった。
1989年 ツール・ド・フランス最終日にグレッグ・レモンがこのハンドルバーを使って逆転優勝し、世界標準となった。
1991年 スコットはUnishockとマウンテンバイクのサスペンションの生産に入った。
1992年 スコットは最初のフルサスペンションマウンテンバイクを出荷し、それ以降のサイクリングシューズやヘルメットを導入。
1998年 全世界最軽量のフルサスペンションマウンテンバイクを発表。名称はG-zero。重さがネックだったMTBですが自転車産業の発展において画期的な出来事となりました。
2003年 フルサスペンションバイクの新しいコンセプトを発表。衝撃調節可能な3種類のモードへ(ロックアウトモードでは、すべての走行モード、トラクションモード。)世界選手権のマラソンイベントで、トーマス・フリッシュの勝利によってバイクの成功は強調された。
2005年 最先端のトライアスロンフレームを開発しました。300グラムで統合されたエアロシートポストを追加し、その結果、世界最軽量のエアロカーボンフレームとなった。
2007年 アディクトフレームの導入がされる。統合されたシートポストで利用可能な最軽量ロードフレームがある。SCOTTの新しい、スリムカーボンIMP?のフォークと組み合わせることで、新しいアディクトバイクは5.9キロと驚愕の軽さ。同じ年に世界最軽量フレーム/ショックコンビネーション
その既に実績のあるCR1テクノロジーと新しいヌードのTC?ショックに革新的な新しい統合成形プロセス(IMP?)を適用することにより、スコットは、利用可能な最軽量のフルサスペンションバイクを生産した。
2008年 スコット50周年を迎える。スコットは自転車、冬季スキー、Motosport、ランニングの世界的大国へと発展しています。
2011年 更に軽い最軽量のMTBカーボンフレームを開発。899グラムの重さ。全体MTBのワールドカップで優勝。
現在も超軽量のカーボンロードモデルをリリースするなど、最高峰のレースでの実績を積み重ねる

特徴

SCOTTは、本格的な自転車を展開するブランドです。空力・剛性・軽量を高次元で実現するロードバイク・TTバイク。山を楽しむことを追求したマウンテンバイク。未来のレーサーを育成するジュニアバイクなどがあります。それぞれでフレーム素材やコンポーネントを変えた車種をラインナップし、豊富な商品展開があります。多くのトッププロチームをサポートし、多くの優勝者を産んできた、まさにレーシングブランドです。