PARK TOOL(パークツール)ツールボックス(工具収納)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARK TOOL(パークツール) ツールボックス(工具収納)の特徴・選び方

PARK TOOL(パークツール)特徴

特徴

1963年以来、アメリカをはじめ世界中のサイクリストに自転車ツールを提供してきたPARK TOOL(パークツール)。特許技術を活かした300にも及ぶ製品が効率の良いサイクリングライフをもたらします。プロ・ショップは勿論、自宅での保管にも便利なツールボクッスは、数の多い自転車工具をまとめて収納しツーリングやレースなどにも持ち運びが可能です。

PARK TOOL(パークツール)選び方

選び方

重い工具類の収納に耐えるよう頑丈に作られたPARK TOOLのツールボックスは、内部が複数層に分かれているため取り出しやすくストレスフリーなメンテナンスを助けます。小さい工具を4部屋に分けて収納できるSmall Parts Holder(スモールパーツホルダー)は、細かなビットなどをなくす心配もなく工具が散らかりません。