OGK(オージーケー技研)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

OGK(オージーケー技研)の取扱いカテゴリ(パーツ)

OGK(オージーケー技研)について

もはや自転車用品・パーツのトップシェアを握るリーディングカンパニーとなったオージーケー技研。同社が主にシティサイクル向けに展開するブランドがOGKです。創業当初はセルロイド製自転車グリップの製造工程を大幅に効率化して自転車業界で頭角をあらわしてきました。高度成長期には樹脂製の自転車用品を多く展開。高い成形技術とユニークなアイデアから生まれる製品は、多くの人の自転車生活を豊かにし、近年では子供乗せやバスケットなどで日常生活の足となり、多くの人を支えています。

OGK(オージーケー技研)の歴史

1948年 大阪グリップ化工株式会社設立。
1950年 東南アジア向けグリップ開発。
1960年 射出成形によるグリップ開発。
1963年 幼児車補助車輪の開発。
1964年 自転車用ヘルメットの開発。
1972年 自転車用風防の開発。
三輪車用バスケットの製造・販売開始。
1983年 アメリカ向けサイクルヘルメットの製造・販売開始。
アメリカの消費者安全規格に合格。
1990年 オージーケー技研株式会社に改称。
1994年 樹脂製籐風バスケットの開発に成功。
2001年 樹脂成形一体型フロント子供のせ製造・販売開始。

特徴

OGKの製品展開は、子供乗せ、バスケット、グリップがメインです。特に子供乗せとバスケットは、絶大なラインナップを誇ります。用途や好み、機能や価格に応じて選ぶことができます。ほとんどの製品がシティサイクル向けのものとなっており、日常の足としての、普段の自転車生活を協力にサポートしてくれています。
OGKは安全性への取り組みにもかなり力を入れています。ヘルメットと同等の衝撃吸収率90%のワイドヘッドレストを装備した「子どものせ」は、国が定める安全基準以上に、「自分や社員が、本当に子どもを安心して乗せられるものとは?」という問いから生まれています。