HATAYA(ハタヤリミテッド)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

HATAYA(ハタヤリミテッド)の取扱いカテゴリ(パーツ)

HATAYA(ハタヤリミテッド)について

HATAYAは1918年、日本で唯一の自転車工具メーカーとして、組立と修理のハンドツールを独自に開発生産することから始まりました。当時の国産品は粗製濫造品が多く、欧米製品には太刀打ちできないという考えが世の中で蔓延っていました。創業者は「外国製品に負けない製品造り」をモットーに研鑽を重ね、500種類に及ぶ自主開発製品を世に送り出し、当時の自転車店による完成車の組み立て販売に貢献しました。

HATAYA(ハタヤリミテッド)の歴史

1918年 大阪市南区に、自転車修理工具の製造・販売として、合名会社畑屋機械店を設立。
1929年 名古屋市東区宮町に本社移転。
1937年 軍需品製造納入に従事。
1945年 戦災により焼失。
1947年 名古屋市中区大須四丁目ハタヤリミテッド現本社地に再興。
1954年 「畑屋工機株式会社」に社名変更。
1968年 ハタヤコードリールの製造・販売を開始。
1991年 畑屋工機株式会社を「株式会社ハタヤリミテッド」に社名変更。

特徴

HATAYAは、コードリールの分野で業界トップの全国シェアを誇るブランドです。作業用照明機器、オートリール、電圧変換器も豊富に展開し、過酷な作業の現場でも安全に・快適に使用できる製品づくりに努めています。自転車関連用品は、チューブ用のグラインダーを展開しています。HATAYAの原点である自転車工具は、パワフルでコンパクト。オートバイのパンク修理にも使用できます。