grunge(グランジ)メンテナンスを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

grunge(グランジ)メンテナンスの詳細なカテゴリ

grunge(グランジ) メンテナンスの特徴・選び方

grunge(グランジ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、テスタッチブランドのTOYO製フレームや、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。その数あるオリジナルブランドの一つgrunge(グランジ)。ハンドルステムから、サドルバック、メンテナンス品まで、膨大なアイテムがそろっています。

grunge(グランジ)選び方

選び方

自転車を楽しむ中で、メンテナンスもその重要な一つになります。フレーム、パーツを一つ一つ買って自分でくみ上げていくのもまた、楽しいものです。grunge (グランジ) Triple Play Stand (トリプルプレイスタンド)は、チェーンステーとシートステーに引っ掛けるだけで、メンテナンスが可能です。リアホイールを外せば、リムやタイヤを洗浄液で汚すことなく、チェーンの洗浄をすることもできます。レース会場でも、車に立てかけるよりも便利です。シフトワイヤーを交換すれば、重かったシフティングが直るかもしれません。grunge (グランジ) Color Shift Outer Wire with Liner (ライナー入りカラーシフトアウターワイヤー)は、カラーバリエーション豊富で、バイクのイメージチェンジにもなります。