LOUIS GARNEAU(ルイガノ)キャリパーブレーキ仕様を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) キャリパーブレーキ仕様の特徴・選び方

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)特徴

特徴

GARNEAU(ガノー)及びLOUIS GARNEAU(ルイガノ)は25年以上に渡り多くのサイクリストから愛されているカナダのメーカーです。理論の基本を大事にし、常に想像を超える製品で工業界において自転車技術の基準を作り上げてきました。スピードコントロール性に優れたキャリパーブレーキにSHIMANO(シマノ)製のロードバイク用コンポーネントを組み合わせ、シティサイクルにはない軽やかさでどこへ行くにも手放せないクロスバイクです。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)選び方

選び方

LGSシリーズの中でもRSR 2はコンポーネントにSHIMANO TIAGRA(シマノ ティアグラ)が採用され、ケーブルを内蔵化することで空気抵抗を減らし、ロードバイクと遜色のない走りができます。RSR 4は街乗りをより快適にするためにシリコングリップやスピードと安定の両立した700×25cのタイヤを装備しました。丈夫でしなやかな乗り心地のクロモリフレームは、そのシルエットの美しさと持ちの良さで人気の衰えない自転車です。