D.I.D(大同工業)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

D.I.D(大同工業)の取扱いカテゴリ(パーツ)

D.I.D(大同工業)について

大同工業が手がけるチェーンブランド D.I.D。現在は、オートバイや自動車用のチェーンとして高い知名度を誇っています。初の国産自転車用リムを手がけた現在の新家工業が、チェーンの国産化を目的に昭和8年に設置した、国益チエン株式会社が始まりです。創業後は、他のチェーンメーカーとのシェア争いによる価格競争で、業界全体が疲弊していたため、市場を安定させる目的で、朝日チエン株式会社・加賀チエイン株式会社と合併して、大同チエン株式会社が発足。積極的な設備投資と生産技術の進歩により、その後のチェーン市場における地位を確固たるものにしてきました。現在は、産業用チェーンやコンベヤシステム、福祉機器も手がけています。

D.I.D(大同工業)の歴史

1933年 国益チエン株式会社設立。
1935年 社名を大同チエン株式会社に改称。
1938年 社名を大同工業株式会社に改称。
1950年 チェーンコンベヤ及びコンベヤチェーン創業。
1951年 スチールリム及びホイール創業。
1954年 自転車用チェーンのJIS表示許可工場となる。
1958年 軽合金リム創業。
1988年 国産初のいす式階段昇降機を開発。
1992年 車いす用階段昇降機を開発。
1996年 タイに DAIDO SITTIPOL CO.,LTD. を設立。
以後、インドネシア、アメリカ、イタリア、中国、ブラジル、ベトナム、インド等に関連会社・生産拠点を設置。

特徴

D.I.Dは、現在ではオートバイ用のチェーンに力を入れており、名だたる世界選手権で長年に渡り採用され、高い評価と信頼性を獲得しています。自転車用チェーンでは、主に厚歯のシングルスピード用チェーンを展開しています。軽快車やシティサイクルで使用されることが多く、高強度で高耐久のチェーンづくりに努めています。