CST(チェンシンタイヤ)仏式(フレンチ)バルブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

CST(チェンシンタイヤ)仏式(フレンチ)バルブの詳細なカテゴリ

CST(チェンシンタイヤ) 仏式(フレンチ)バルブの特徴・選び方

CST(チェンシンタイヤ)特徴

特徴

CST(チェンシン)は、 世界でも有数の台湾の自転車タイヤ製造メーカーです。一般車用のCSTやスポー車用のマキシスブランド等の自社ブランドはもちろん、国内のブリジストンやパナレーサーの自転車へもOEM供給(相手方ブランド)で提供しているほど、信頼性の高いブランドです。豊富な種類のタイヤからは、レース使用にも耐えるほどクオリティの高い優れた製品を開発・提供し、多くのユーザーの支持を得ています。CSTのパーツ・アクセサリである仏式バルブ タイヤチューブは、36mmの仏式バルブを採用した厚み0.8mmのライトチューブが揃っています。

CST(チェンシンタイヤ)選び方

選び方

CSTの仏式バルブ タイヤチューブは、ホイールサイズが700c、26インチタイプが揃っており、太さに応じて最適なタイプをお選びいただけます。