BRUNOを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ、クロスバイク

BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ、クロスバイク

日常に「旅」を。

1つの「旅」と言っても、1時間、1日、1泊、1週間、1ヶ月…旅の捉え方は人それぞれ。
通勤時間や、買い物に行くちょっとした時間にもワクワクを見つけるチャレンジをすれば、もう立派な「旅」です。
さらにその「旅」を深めて、1ヶ月以上の長旅で発見した新たな自分。
BRUNOは、人生の中にワクワクを見つける道具として、ぜひ相棒に選んで頂きたい自転車です。
それぞれの「旅」に合わせた「道具」としての自転車のラインナップ。
あなたの「旅」を見つけてみませんか。

VENTURA(ベンチュラ)、BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ

MINIVELO20 ROAD DROP (ミニベロ20ロードドロップ)、BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ

MIXTE F BLACK EDITION (ミキストFブラック限定)、BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ

MIXTE F (ミキストF)、BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ

700C CROSS LADY FLAT (700Cクロスレディースフラット)、BRUNO(ブルーノ)、ミニベロ、ミニヴェロ

旅自転車、BRUNO(ブルーノ)、BRUNO(ブルーノ)とは


BRUNOとは

旅といっても、旅の形は人それぞれ、
1時間の旅から1週間の旅まで千差万別。



旅の道具として

普段は特に存在を意識していないけれど、
きっと、少し冒険した時に
【Brunoが有ったから、できたんだ】と感じられます。



ストップ&ゴーを楽しむために

絶対的安定感の追求、スタート時にふらつかない。
Brunoは、フレーム、足回り、ジオメトリーを
【自転車の要】と考え作られています。
それにより、安定した走行が可能に。



見えない所へのこだわり

同じ鉄でも材料が違います。同じTIG溶接でも溶接方法で
違いが出ます。長く使えば必ず分かります。
・フレーム ⇒ 材料、精度、溶接方法
・フォーク ⇒ 材料、精度、溶接方法
・ホイール ⇒ 材料、精度、断面形状


フレーム、ホイール、フォークの特徴、BRUNO(ブルーノ)

ラインナップ、BRUNO(ブルーノ)、使用目的やシーンに応じて選べる

使用目的やシーンに応じて選べる、Brunoのラインナップ。
あなたにぴったりの旅のパートナーがきっと見つかるはず。


Brunoのラインナップ、使用目的やシーンに応じて選べる BRUNO(ブルーノ)2019年モデル 700C TABI LADY DROP (700Cタビ旅レディースドロップ) BRUNO(ブルーノ)2019年モデル 700C CROSS LADY FLAT (700Cクロスレディースフラット) BRUNO(ブルーノ)2019年モデル VENTURA (ベンチュラ)
BRUNO(ブルーノ)2019年モデル MINIVELO20 ROAD DROP (ミニベロ20ロードドロップ) BRUNO(ブルーノ)2019年モデル MIXTE F (ミキストF) BRUNO(ブルーノ)2019年モデル MIXTE F BLACK EDITION (ミキストFブラック限定)

コンセプト、BRUNO(ブルーノ)、「旅をする道具」がコンセプトる

スイス発祥のBRUNO(ブルーノ)は、北欧をイメージさせる
洗練されたデザインに、安定感のある走りが特徴。
幼い頃から自転車競技に親しんできた創業者が
「自転車の楽しさを日常でも感じられるように」と、「旅」をテーマに開発。
街乗りからツーリングまで、幅広いニーズに応えてくれる
魅力的な自転車を作り続けています。


「旅」をテーマに開発、街乗りからツーリングまで、スイス発祥のBRUNO(ブルーノ)

BIKE

BRUNO(ブルーノ)の取扱いカテゴリ(自転車)

PARTS&ACCESSARY

BRUNO(ブルーノ)の取扱いカテゴリ(パーツ)