Bianchi(ビアンキ)保冷(保温)ボトルを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bianchi(ビアンキ) 保冷(保温)ボトルの特徴・選び方

Bianchi(ビアンキ)特徴

特徴

bianchi(ビアンキ)はイタリアのミラノで、エドワルド・ビアンキという21歳の青年が1885年にオープンした小さな自転車店からその歴史は始まりました。それから130年の歴史を重ねてきたbianchi(ビアンキ)は、数多くのレースにおいて勝利を収めてきました。ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった世界的なレースで得てきた栄光は数知れません。まさに世界最高峰の自転車メーカー、それがbianchi(ビアンキ)です。

Bianchi(ビアンキ)選び方

選び方

ライディング時に必要不可欠な水分補給のための、ボトルやボトルゲージももちろん準備されています。ビアンキサーマルボトルは保温・保冷能力にたけたボトルで、暑い夏や寒い冬に重宝することでしょう。4時間ほど保温・保冷能力を保ってくれます。耐熱温度は75度までとなっています。