BASIL(バジル)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

BASIL(バジル)の取扱いカテゴリ(パーツ)

BASIL(バジル)について

1970年代、創業者であるニコ・ヴァン・バルヴァレンは自転車の販売をしながらBASILを立ち上げ、様々なバスケットの制作を行っていました。BASILの由来は創業者の名前『Nico van Balveren』と、創業した場所の『SILvolde』という地名を合わせたものです。現在はヨーロッパのライフスタイルに合った、機能と見た目を両立させた製品を開発・製造する自転車用バッグのブランドとなりました。自転車と荷物を組み合わせることで地球環境に貢献したいという企業理念を持つBASILの考えは、リサイクル素材の積極的な活用や、自転車のためだけに商品を開発し続けるという姿勢に表れています。

BASIL(バジル)の歴史

1976年 ニコ・ヴァン・バルヴァレンがBASILを創業。
2003年 既存のカゴやバッグを超えたカラーや機能を持った商品の開発を開始。
2007年 BASILの販売が全世界に広がる。
2008年 アイルランドで行われたサイクルファッションショーでスタイリッシュなバッグとして出演。
2009年 世界最大の自転車展示会のユーロバイクショーにてアワードを受賞。
2011年 ローサ、バホーシュカなど乗る人のスタイルに合わせたラインナップを発売。

特徴

BASILといえばなんといってもオシャレなバスケットが特徴的です。BASILのバスケットには40年以上の経験が蓄積されています。素材は、籐、スチール、樹脂の3種類。形状はフロント、リア、ペット用の3種類から選べます。他には、自転車に取り付けるバッグ類や日常生活で持ち運べるショルダーバッグなどもあります。男性向けのシックなデザインバッグや、カラフルで可愛らしい女性向けバッグもあります。日常の自転車生活をオシャレで便利にするブランドです。