ARAYA(アラヤ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

ARAYA(アラヤ)の取扱いカテゴリ(自転車)

ARAYA(アラヤ)について

石川県加賀市にルーツをもつ日本の自転車メーカーARAYA(アラヤ)。
もともとはリムの製造から始まっており、自転車を開発したときには「ツバメ自転車」というブランドネームを使用していました。ツーリングブームの時代に、上質なスポルティーフやランドナーを数多く生産した事でも有名。現在も、新しい技術を取り入れながらも、オーソドックスなスタイルで時代の流れにとらわれないツーリングバイクを数多くラインナップしています。

ARAYA(アラヤ)の歴史

1903年 ARAYAは木製自転車リムの製造を開始
1914年 日本初スチール製リムの製造に成功する
1946年 完成自転車の生産を開始
1982年 日本初マウンテンバイクの量産を開始
長い歴史と高い品質志向でARAYAは上質な自転車を提供しています。

和から輪へ

和の伝統工芸を生かし、わが国最初の自転車用木製リムの製造をし、1914年には他産業でも緒に就いたばかりの鋼鉄製リムを成功させました。素材工学への研究と高い技術力で、軽量で精度の高いリムを安定して生産しています。40年以上も前から海外生産とグローバル市場を見つめ、たゆまぬ技術革新に努めています。

乗って楽しい自転車を

日本には半世紀以上前に欧州からスポーツ車文化が導入され、ARAYAは今までに日本人の体格、日本の地形、そして日本人の感性にあったスポーツ車を展開し続けてきました。
近年では伝統的な自転車の美しさも再認識されてきて、使われ方もスポーツ用途だけでなく、ツーリング、通勤、健康志向など、多方面に積極的に利用され、気持よく移動することに感心の比重も高まり、より身近なものになっています。そして今、独自性のある日本のスポーツ車を改めて見直し、感性をも加え、持って嬉しい、乗って楽しい自転車を目指すことをARAYAはテーマとしています。