ARAI(アライ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARAI(アライ)について

1915年に日本で誕生した自転車用ブレーキブランド、ARAI。ブレーキキャリパー・ブレーキレバーを展開し、特にドラムブレーキを中心に耐久性・信頼性が高く、日本のみならず海外でも採用されていました。2013年に中国の提携会社にARAIブランドを譲渡し、荒井製作所は自動車部品・産業用部品の製造・販売に注力しています。譲渡先の中国の提携会社は2000年頃から本格的な業務提携を行っており、ARAIブランドを継承するにふさわしい会社です。

ARAI(アライ)の歴史

1915年 名古屋市にて創業。
1937年 株式会社荒井製作所に改組。
1999年 江蘇双征車業有限公司と業務提携。
2013年 自転車部品事業から撤退し、ARAIブランドを江蘇双征車業有限公司に譲渡。

特徴

国内ブレーキブランドとして誕生したARAI。昔は、ややスポーティーな自転車用のブレーキレバー・ブレーキキャリパーも展開していましたが、近年は一般車・シティサイクル用のブレーキレバー・ブレーキキャリパーの展開のみになっています。