TOPEAK(トピーク)ポンプ・空気入れを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

TOPEAK(トピーク)ポンプ・空気入れの詳細なカテゴリ

TOPEAK(トピーク) ポンプ・空気入れの特徴・選び方

TOPEAK(トピーク)特徴

特徴

TOPEAK(トピーク)では、サイクリストのニーズをフィードバックして商品開発を行っています。特にTOPEAK(トピーク)は自転車に乗る時に使うものだけでなく、自転車の整備を行うときに使うメカニックもラインナップしています。前者はサドルバグや泥除け、キャリアなど非常にラインナップが多く、それでいて価格も抑えられており便利なものが多いです。後者のメカニックについても、非常にアイデアに優れたものが多く、自身で自転車の整備を行うユーザーにはおすすめのメーカーです。その中でもTOPEAK(トピーク)ではポンプのラインナップが非常に多く、自転車に乗る時に傾向するミニポンプから、自宅で使うフロアポンプまで幅広くカバーしています。ミニポンプも軽量・コンパクトに特化したものから、空気の入れやすさを追い求めたものまで様々です。フロアポンプも、プロのメカニックが使うようなスペックの高いものから、シティ車にまで使えるものまであります。また、TOPEAK(トピーク)では補修パーツが充実しているので、長く大切に使うことができます。

TOPEAK(トピーク)ミニポンプの選び方

ミニポンプの選び方

ミニポンプはサイクリングに出かける時に携行するものなので、できるだけコンパクトで軽量なものが理想です。しかしながら、小さいものほど空気が入れにくく、そのバランスを考える必要があります。

TOPEAK(トピーク)レースロケットシリーズ

レースロケットシリーズ

ホースをポンプの中に格納できるため非常にコンパクトでありながら、空気の入れやすさもまずまずなので、ロードワークに出かける際には非常に重宝します。また、ボトルゲージと一緒に取り付けられるアダプターが付属するモデルもあるので、バイクに取り付けることもできます。

TOPEAK(トピーク)モーフシリーズ

モーフシリーズ

ロケットレースシリーズよりも一回り大きく、ポンプを外装したミニポンプです。ただし、モーフシリーズはフロアポンプを縮小したようなモデルになっており、空気が入れやすく高圧まで空気を入れることができます。そのため、長期のツーリングなどのお供におすすめです。

TOPEAK(トピーク)CO2ボンベ対応モデル

CO2ボンベ対応モデル

CO2ボンベを用いて空気を入れるモデルもあります。CO2ボンベは空気を入れる際にポンピングする必要がなく、非常に簡単に空気を入れることができます。また、TOPEAK(トピーク)では、CO2ボンベとミニポンプが合体した商品がラインナップしており、ボンベを使い果たしてしまった時など重宝します。

TOPEAK(トピーク)フロアポンプの選び方

フロアポンプの選び方

フロアポンプにもモデルごとに特徴があり、一度に空気をたくさん送り込めるMTBに最適なものや、より高圧に入れられるロードに最適なものがあります。また、エアゲージの目盛の細かさなどもあり、シクロクロスなど0.1bar刻みで空気圧を管理する場合には、適切なものを選ばなければなりません。

TOPEAK(トピーク)Joe Blowシリーズ

Joe Blowシリーズ

Joe Blowシリーズでは、シティ車やボールなどにも使えるモデルから、プロが空気圧を細かく調整して使うようなハイエンドモデルまで様々です。機能も幅広く、ユーザーのニーズに合わせて選ぶことができます。