TNI(ティーエヌアイ)フレーム・フォークを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

TNI(ティーエヌアイ)フレーム・フォークの詳細なカテゴリ

TNI(ティーエヌアイ) フレーム・フォークの特徴・選び方

TNI(ティーエヌアイ)特徴

特徴

コストパフォーマンスの高い商品がずらりと並ぶTNI (ティーエヌアイ)。企画デザインはアメリカで行われています。アルミロードフレームが僅か数万円だったり、最新形状で超軽量カーボンフレームが20万円を切る価格だったりと、驚きの品質と価格で驚かされるブランドです。高級パーツと同等の重さだったら、TNI (ティーエヌアイ)パーツは、かなりお安くお求めいただけるでしょう。パーツ類は、軽量な仕上がりで、豊富なカラー展開もまた魅力です。

TNI(ティーエヌアイ)選び方

選び方

今では、コラムまでカーボンのフロントフォークが、珍しくないほどにカーボンの成型技術は、レベルが高くなってきています。TNI (ティーエヌアイ) Extra Light 27”(エクストラライト 27インチ)【フロントフォーク】【ロード用フロントフォーク】は、もちろんコラムまでカーボンで、さらに重量は358gで、400g弱のフォークが多い中、軽量モデルと言ってもいいでしょう。剛性もしっかりと確保しており、下り、スプリント時の安定感は抜群です。こちらは、アルミコラムを採用したTNI (ティーエヌアイ) 12K Road 27”(12Kロード 27”)【フロントフォーク】【ロード用フロントフォーク】。コラム部分は大変負荷が掛かるところで、悪路を含むプロロードレースでは、アルミコラムフォークに変更する選手もいるほどです。重量はありますが、耐久性を重視するなら、こちらを選んだほうがいいでしょう。