grunge(グランジ)サイクルウェア・グローブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

grunge(グランジ)サイクルウェア・グローブの詳細なカテゴリ

grunge(グランジ) サイクルウェア・グローブの特徴・選び方

grunge(グランジ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、テスタッチブランドのTOYO製フレームや、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。その数あるオリジナルブランドの一つgrunge(グランジ)。MTBパーツを中心に展開されています。ウエア関連も充実していて、非常に機能性の高い商品になっています。

grunge(グランジ)選び方

選び方

寒い時期であっても、快適なライドを楽しむには、適切なウエア選びが大切です。アンダーウエアにミッドウエア、さらにアウターウエア。それにシューズカバーとグローブ。しっかりと着込めば、冬が快適になります。grunge B-Wever (グランジ ビーウェバー) Winter Glove (ウィンターグローブ)【メンズグローブ】【フルフィンガーグローブ】は、冷えやすい手を、寒さからしっかりとガードします。掌には、合皮を使ってダイレクトなグリップ感を実現しています。手首はベルクロで、しっかりと固定することができるので、ダンシグ時のハンドルを引く動作に対しても、疲れることがありません。起毛加工されたインナーが空気を多く含み、暖かさを保持してくれます。