サイクルウェア・グローブの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクルウェア・グローブ

スポーツとして自転車に乗る場合はやはり専用のウェアが快適です。空気抵抗を軽減するスリムなシルエットで楽に走行することができ、汗をかいても快適さを 損なわない速乾性、長時間ライディングでのおしりの痛みを軽減するパッドつきのレーサーパンツ、高い防水性ながらムレを防ぐ透湿素材のレインウェアなど、 過酷なコンディションになればなるほど専用ウェアのメリットが分かります。ハデハデのレース用ウェアに抵抗のあるかたは、街中でも違和感のない落ち着いた カジュアルウェアのようなデザインのウェアも人気です。" サイクルウェア・グローブ

サイクルウェアの選び方


自転車に乗る際には、自転車用のウェアを着用することで快適に走行することができます。自転車用ウェアは裁断、素材、デザインなど、自転車に乗っている時のことを考えて作られた衣類です。快適に走行できるだけでなく、走行中の安全に配慮した製品もあります。


走行中の安全に配慮したサイクルウェア


しかし、ウェアを選ぶ際に、サイズ選びで困ったことはないでしょうか。「実際に試着してみてください」という商品、お店も多く、ややハードルが高い印象を受けます。もちろん、試着を行ってから購入することが一番失敗しない選び方ではありますが、近くにお店がないなど、どうしても試着をできない人もいると思います。


そんな方向けに、通販でも失敗しづらいような自転車ウェアの選び方についてご紹介します。


サイクルウェアの特徴


サイクルウェアの特徴

サイクルウェアは、バタつきによる空気抵抗をおさえるようキツめであることがほとんどです。なので、普通の服と比べ、小さめ・キツめを選ぶのがコツです。標準的な体型の方の場合、普段の服と同じサイズを選ぶと、ブカブカであることがほとんどです。

また、自転車に乗っている時と普段生活している時では姿勢が異なるため、自転車に乗っている時に快適になるような縫製・サイジングをしてあります。そのため、小さく感じたウェアが実際に自転車に乗ると丁度いいということも少なくありません。

さらに、季節によってサイクルウェアを選べば、より快適に走れます。季節に合わせたウェアの選び方は、下記のページで詳しくご紹介しています。


春夏に最適なサイクルウェアの選び方



ヘルメット


自転車用ヘルメットの特徴

ヘルメットのサイズは、頭囲と形状によって決まります。また、派手なカラーやデザインは人・車へのアピール力が増し、安全に走行するために必要な機能であるともいえます。

‘囲

頭囲を測定するメジャー

頭囲は、こめかみの高さの周囲をメジャーなどで測定してください。S、M、Lなどのサイズは、頭囲を測定すればおおまかに決めることが出来ます。頭囲がSサイズ、Mサイズどちらともに当てはまる、という場合には、大きめを選ぶほうが無難です。

形状

自転車用ヘルメットの形状


形状は、メーカーの国によっても異なります。アジアのメーカーは幅が広く、奥行きが浅い方にフィットするような形状が多く、ヨーロッパのメーカーは、幅が狭く、奥行きの深い方にフィットするような形状が多いです。最近では、アジアンフィットやUSフィットなどを展開し、よりたくさんの人にフィットするようなヘルメットづくりが進んでいます。


自転車用ヘルメットの形状

ヘルメットの締め付けを調整するアジャスターの形状が工夫されていて、より高いフィット感を得られるアジャスターを搭載したヘルメットもあります。


自転車用ヘルメットの商品一覧


サングラス


自転車用サングラス、アイウェア

自転車に乗る時にサングラスをかければ、快適なだけでなく、安全に走行することができます。サングラスを装着することによって、光や紫外線をカットするだけでなく、道路から跳ねた石や飛んできた虫をふせいだり、安全性の向上にも効果があります。

サングラスは、頭の幅、鼻の高さ、などによってフィット感が決まります。アジアンフィットは幅広、USフィットは幅狭の方へ対応できるようになっています。

またアジア人と欧米人では鼻の高さも異なるため、アジアンフィットはノーズパッドが厚く大きく、USフィットは薄く小さいものが多いです。大きめを選ぶと走行中ズレやすく、小さめを選ぶと過度のしめつけによって頭痛を引き起こしたりします。試着するのが一番ですが、致命的なほどサイズが合わないということは起こづらいです。


自転車用サングラス、アイウェアの商品一覧


トップス(ジャージ、ジャケットなど上半身用ウェア)


自転車用トップス(ジャージ、ジャケットなど上半身用ウェア)

普通の服とは違い、丈ではなく胸囲・ウエストでサイズを決めるとよいでしょう。また、身長も参考にはなりません。あくまで目安です。胸囲が広い方は普段と同じサイズになることも多いですが、普通体型・痩せ型の人などは、普段よりも2サイズ小さめがフィットすることも少なくありません。特に海外のブランドでは、アジア向けのサイズ展開を行っているブランドをのぞき、ほとんどの方が日本のブランドよりも1サイズ小さいサイズでフィットする方が多いようです。

サイクルウェアは乗車時にピッタリになるように背中側の丈が長めに作られていたりするので、丈もそれほど気にしなくて大丈夫です。2つのサイズで悩んだ時には、小さめを購入するのがお薦めです。



自転車用トップス(ジャージ、ジャケットなど上半身用ウェア)
の商品一覧


ボトムス(サイクリングパンツ、ビブショーツなど下半身用ウェア)


自転車用ボトムス(サイクリングパンツ、ビブショーツなど下半身用ウェア)

トップスと同様、長さではなく太さで選ぶとちょうどいいフィット感を得られます。太もも周り、ヒップサイズで決めましょう。丈はあまり気にしなくても構いません。

また、伸縮性のある素材が用いられている事が多いので、自分のサイズが真ん中であったり、選びづらい際には、小さめを選ぶのがオススメです。

自転車用ボトムス(サイクリングパンツ、ビブショーツなど下半身用ウェア)の商品一覧


グローブ


自転車用グローブ

メーカーによってサイズガイドは異なりますが、指の長さ、手のひらの周長で決められることが多いです。メーカーによってサイズ感がかなり異なるので、メーカーが掲載しているガイドを参考にしましょう。

自転車用グローブの商品一覧


シューズ


自転車用シューズ

もっともフィット感が重要となるウェアなので、極力店舗で試着をしましょう。同じサイズ表記でも幅の広さ、つま先の形状、カカトのサポートなど、メーカーによってかなり違いがあります。

例えば、筆者はカカトからつま先までが実測27.5センチなのですが、シマノのノーマルモデルだと44サイズがちょうどいいフィッティングです。しかし、SIDIだと43.5がちょうどいいサイズ感です。普通の靴であれば、小さめよりも多少ゆとりのあるサイズを選ぶ方が多いようですが、ビンディングシューズはぴったりかやや小さいものを選ぶのがセオリーです。

また、実際に履いてみると小さく感じでも、走行中には丁度いいということもあります。なるべくお店で試着を行うことをオススメします。

自転車用シューズの商品一覧


ソックス


自転車用ソックス

メーカーの掲載しているサイズガイドを参考に購入して下さい。

少しタイトめであることが多いようですが、ソックスは締めつけがきついと痛みを伴うことが多いので、筆者が迷った時には大きめを購入するようにしています。

自転車用ソックスの商品一覧

サイクルウェア・グローブの詳細なカテゴリ

メンズウェア

メンズウェア

メンズ用のサイクルウェアは、基本的には男性の体格に合わせて作られたウェアで、サイクリング時に使用することを想定したものとなっています。スリムなシルエットで空気抵抗を軽減するものや、速乾性のあるもの、防水性のあるものなど、ライディングを楽に・快適にするものや、痛みを軽減したり身を守るものなどがあります。長時間でのライディングにおいては、専用ウェアの恩恵・効果をより感じることができます。街中でも違和感のない落ち着いたカジュアルウェアのようなデザインのウェアも人気です。

レディースウェア

レディースウェア

レディースウェアはメンズウェアと同等の機能性を持ちながらも、女性の体型に合わせた設計となっています。空気抵抗の削減や、速乾性、防風性、保温性など、サイクリングを快適なものにするための工夫がなされた専用ウェアです。本格的なウェアだけでなく、気軽に着ることができるカジュアルなものもあり、いずれも女性らしい華やかなカラーリングのものが特徴的です。

ジュニア・キッズウェア

ジュニア・キッズウェア

ジュニア・キッズ用のサイクルウェアには大人用と変わらない高機能なウェアがあります。レース会場でも映える本格的なデザインから、普段の運動着としても使えそうなカジュアルなウェアがあります。ライディング技術のまだまだ未熟なジュニアライダーにとって、プロテクターやグローブは必需品です。グローブは、長時間のライディングでの疲労を軽減してくれるのと同時に、万が一の転倒・落車の際の怪我の具合も軽減してくれます。大人用のウェアと比べれば種類は少なくなりますが、子どもの成長に合わせたサイズ展開をしているブランドもあります。

エアロスーツ(ワンピース)

エアロスーツ(ワンピース)

エアロスーツは、空気抵抗の削減を追求したサイクルウェアです。伸縮性とフィット感に優れたものが多く、ウェアによるバタつきを抑えています。さらに、グレードの高いものについては、空気抵抗削減のために素材や縫製にまで徹底的にこだわり、少しでも早く走れるように工夫されています。タイムトライアルやトラック競技などで、1000分の1秒でも早く走りたい競技者から多くの支持を得ています。

トライアスロンウェア

トライアスロンウェア

自転車の関わる競技の中でも、特にトライアスロンに特化したウェアです。快適性の高い素材や縫製方法を駆使し、吸汗速乾性・通気性・伸縮性・透湿性・程よいホールド感等を適材適所に追求し、アスリートが高いパフォーマンスを発揮できるようサポートします。メンズ用・レディース用の展開があります。

レインウェア・グッズ

レインウェア・グッズ

自転車専用に設計されたレインウェアです。スポーツ自転車で良くとる前傾姿勢でも背中が露出しないように長めの設計になったレインジャケットや、ビンディングペダル・シューズを装着していても使用できるシューズカバーなどが特徴的です。ライディング中の不快なムレを抑える防水透湿性の高い素材の採用し、雨天のレースや毎日の通勤・通学をサポートするウェアがならんでいます。

ソックス

ソックス

サイクリングに適したソックスは、長時間の使用や激しいライディングから足をサポートします。速乾性・吸水性に優れたソックスはライディング中の不快感を和らげてくれます。人間工学に基づき、左右で異なる設計になっているものや、厚みのある素材でクッション性を高めているものなどもあります。また、冬用に保温性の高さにこだわったソックスもあります。

ウェアアクセサリ

ウェアアクセサリ

サイクリングを快適にするウェアの小物系には様々なものがあります。スポーツ自転車は、一般車と違い、チェーンに触れないようにするパーツが付いていないことが多く、ズボンの裾などが汚れる場合があります。それを防ぐためにズボンクリップが様々なメーカーから発売されています。街乗り中心の方にはデザイン性に富んだものが、リフレクター機能を有したものなどは通勤・通学で夜に走行される方に人気があります。他にもキャップやバンダナがあります。冬は保温効果、夏は汗や湿気を吸収し、外に逃がすなどの効果があり、ヘルメットのインナーとしても使えるものもあります。

グローブ

グローブ

スポーツサイクルのライディングにはグローブは必需品です。たった手袋1枚でも長時間のライディングでは疲れがずいぶんと軽減されます。手のひらに厚めのパッドが装備されたものなどはリラックスライドでは大変快適です。また、単に快適なだけでなく、しっかりとハンドルをグリップすることで確実な操作が出来、そして、万一の転倒・落車の際にも怪我を軽減するプロテクターとしての役目も果たします。夏用は指先が露出したタイプが一般的ですが、最近はUV対策として夏でもフルフィンガーを着用する方もおられます。

プロテクター

プロテクター

サイクル用プロテクターとしては、肘を覆うエルボーガードや、膝を覆うニーガード、上半身を覆うセーフティジャケットなどがあります。主にMTBやBMXなどタフな乗り方をされる方に需要があります。安心した装備を装着することにより、よりアグレッシブなライディングを楽しむことができます。また、ウェアの内側に身につける比較的薄めのタイプのものもあり、動きやすかったり、ファッションに影響を与えないデザインを好む人もおられます。

サイクルウェア・グローブのおすすめブランド

CRAFT(クラフト)

CRAFT(クラフト)は1977年にスウェーデンで誕生したブランドです。これまで世界の多くのトップアスリート達と協力してパフォーマンスを最大限に引き出すことのできるウェアを開発してきました。CRAFTの自転車ウェアシリーズは、最高のパフォーマンスを追求するライダーのためのEliteグレード、スポーツライダーのためのPerformanceグレード、アクティブなサイクリストのためのActiveグレードがあります。グローブにはグレード展開はありませんが、豊富なラインナップとカラー展開がなされており、季節や好みに応じてお好みのものをお選びいただけます。

MAVIC(マヴィック)

MAVIC(マヴィック/マビック)は高性能なホイール、リムを始めさまざまなバイクシステム、ライダーズエキップメントのハイエンドな製品作りを追求するフランスのメーカーです。1889年にフランスで産声をあげ、百年を超える歴史で、本場の自転車レースと共に活躍するブランドです。確かなテクノロジーで、あらゆる自転車競技のトッププロレーサーをサポートしています。現在では、ホイール、リム、タイヤ、ペダル、ヘルメット、シューズ、アパレル等を展開しています。サイクルウェア・グローブは、季節や好みに応じたものが数多くラインナップされています。オンロード、オフロードのいずれにおいても高い快適性を発揮します。高いパフォーマンスをサポートするだけでなく、気象条件やアクシデントからライダーを保護します。レディースモデルも多数展開しています。

PEARL IZUMI(パールイズミ)

PEARL IZUMI(パールイズミ)は、高性能・高品質のサイクルウェアを提供する日本で誕生したブランドです。ライダーを過酷な気候から保護する技術や空気抵抗の減少、着心地にこだわった伸縮性など、高い技術でアスリートをサポートします。日本の四季に合わせて製品が展開され、対応する温度が設定されているので、使用する時期に合わせてコーディネートすることができます。

サイクルウェア・グローブについて

サイクルウェア・グローブの特徴・選び方を詳しく解説。サイクルウェア・グローブの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクルウェア・グローブのオススメの選び方を紹介します。サイクルウェア・グローブ選びにご参考ください。