サイクルウェア用アクセサリの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクルウェア用アクセサリ

サイクリングを快適にする小物には様々なものがあります。ズボンの裾をチェーンやギアによる接触から守るズボンクリップは代表的なアクセサリです。他にも、ヘルメットのインナーに装着し、寒さや汗による不快感から守るバンダナやキャップ、各種ウォーマー、多用途のヘッドウェアなどがあります。気候や好みに合った小物を上手に使うことでサイクリングの快適性はかなり向上します。 サイクルウェア用アクセサリ

サイクルウェア用アクセサリの詳細なカテゴリ

キャップ・バンダナ

キャップ・バンダナ

キャップ・バンダナは、ヘルメットのインナーとして使うタイプのものと、ごく一般的な帽子や、ちょっとレトロなサイクルキャップなどがあります。キャップは頭部を保護し、冬は保温、夏は汗や湿気を吸い、外に逃がします。また、紫外線の軽減や、走行中に髪の毛の中に虫などが進入するのを防ぎます。キャップ・バンダナ共にデザイン性に富んだものが多く、カラフルな商品や、自転車メーカーやブランドのロゴが使用されているものが多く、その日のファッションや好みに合わせてお選びいただけます。

ズボンクリップ

ズボンクリップ

ズボンクリップは、主にカジュアルな服装で自転車に乗る際に、ズボンの裾がクランクやチェーンリングに擦れたり引っかかったりすることを防ぐために使うアクセサリです。装着はマジックテープによるものが大半を占めますが、バンドの太さは商品により様々です。素材も伸縮性のあるゴムのものや、オシャレなレザータイプのものがあります。通勤・通学で夜間に走行される方を中心に、視認性の高い反射テープ付きのものが特に人気があります。

サイクルウェア用アクセサリのおすすめブランド

apis(アピス)

サイクルキャップといえば apis(アピス)。そう言われるほどファンの多いブランドで、最新のチームからレトロなチーム柄まで様々なデザインのサイクルキャップを展開しています。素材はコットン100%で、フリーサイズ、そしてメイド・イン・イタリーというのが大変支持されています。

Buff(バフ)

Buff(バフ)は、1992年誕生のスペインのウェアアクセサリブランドです。もっと使いやすいマフラーをつくろうと、継目の無い新しいヘッドウェアを開発したのが原点です。自転車競技だけでなく、モーターバイクやスキー、ランニング、ハイキングなどのアウトドアファンからも高い評価を得ています。現在では、世界各国でBuffの多機能なヘッドウェアが販売されています。色や素材が豊富なので、高い実用性とファッション性を兼ね備えています。ウェアアクセサリは、通常の布や生地と違って細い糸を靴下のように編んで作られ、横方向への伸縮性に優れており、頭や首、腕や足など、装着する場所は自由自在です。

pace(ペース)

コロンビアから南カリフォルニアにやってきた熱心なサイクリスト、ジョージ・サーベドラが高品質なサイクリングキャップを求め、作り出したのがpace(ペース)の始まりです。サイクリングを通じた、白血病やリンパ腫協会へ寄付や、自分たちを成長させてくれた南カリフォルニアにこだわった製品作りなど、非常に人間味のあるブランドがこのpaceです。paceの製品は、豊富なデザインのヘッドウェアが主流で、一部トップスやショーツなども展開しています。素材にもこだわったキャップやヘッドバンドなどが大変人気のブランドです。

サイクルウェア用アクセサリについて

サイクルウェア用アクセサリの特徴・選び方を詳しく解説。サイクルウェア用アクセサリの選び方が分からない、迷ってる方に、サイクルウェア用アクセサリのオススメの選び方を紹介します。サイクルウェア用アクセサリ選びにご参考ください。