HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第107回★秋は自転車の季節です

投稿者:DJ GALAPA

第107回★秋は自転車の季節です

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

いよいよ9月。
8月の終わりに誕生日とやらを迎えてしまった私は、またいわゆる「人生のカウンタ」をひとつアップさせ、さらに充実した毎日を送るべく、新年の決意を新たにしているところでございます(^^)

さて、9月というのは、夏の酷暑も一段落したところ、ということもあり、実は自転車レースのイベントは一番といっていいほど忙しい月です。
かくいう私も例に漏れず。今月は、一体何日「家にいられるだろうか?」と指折り数える状態です(苦笑)

子供たちの運動会に行けたことは、今までで上の子と下の子の幼稚園、保育園、小学校あわせても、ほんの数回。
今年も、新潟国体の日程が入っているので、かーちゃん欠席確定です。
さ、そんな私の今月お手伝いする予定のレースはというと

・全日本実業団ロード(兵庫県・播磨中央公園)
・ツールド北海道(北海道各地を転々とするステージレース)
・全日本実業団トラック(愛知県・一宮競輪場)
・スズカ8時間エンデューロ(三重県・鈴鹿サーキット)
・新潟国体(新潟県・ロード、トラックとも)
とこんな感じです。
期間の長いステージレースや国体が含まれ、それ以外も移動、準備を含め、最低3日は出るため、今数えてみたら、家にいるのは今月は「8日間」でした~。わはははは(^^;)
でもとっても楽しみです!
さすがに夏の酷暑にさらされたいくつかのレースで熱中症寸前(なっていたという話もありますが)になることが何度かあったため、この8月後半は、身体のリカバリーに結構の日数を費やす羽目になりました。
スポーツをする、ということでも起こりえることですが、どうしても、身体に無理をすると内臓が疲れてきます。
消化器官が疲れると代謝も悪くなり、だんだん食事自体が負担になるため、いわゆる悪循環になりがち。
加えて、この最近の酷暑は、気温が体温と同じくらいかそれ以上になるため、体温を上げる働きもある身体の基礎代謝が落ちてしまい、結果的にいわゆる夏太り状態になり、さらに追い討ちをかけるそう。
なので、スポーツ三昧、健康的な夏を過ごしたもんねー、と思っていても、実は身体はへっとへとでちょっと休めてあげないといけないことも多々あるそうです。
せっかくちょっと涼しくなって、しかも今年はシルバーウィークとかで連休もあるし、ガンガン楽しみたいところ。
だからこそ、メリハリつけて、動いたらちゃんと身体を休ませてあげる、というのが大切ですねー。
私で言うと、長期滞在になるレースでのセルフコントロールが重要になるのですが、国体は連泊になるため、案外身体は比較的楽に過ごせます。
一方で北海道のようなステージレースは、連泊がなく、前日ホテルにチェックインし、朝からレース(北海道は特にタウン トゥ タウンでサーキットのように戻ってこないレースなので場合によってはレースに合わせて200キロ近い距離を移動します)、ゴールしたら、近くのホテルにチェックインし、翌日のステージの準備をしてあれこれしてから休み、翌朝また同じようにチェックアウトして移動、という繰り返し。
1週間ほどの移動に必要な荷物(つまり大荷物)を毎夜解き、毎朝詰めて抱えて移動、の繰り返しは、かなりタフです。
こういうときは、意識して食事の取り方や水分の取り方に気をつけることと、いかにリラックスする時間を取るかが大事!

リラックス、というと、お風呂でゆっくり、とか、静かに過ごす、なんてイメージですが、一方で「たっくさんおしゃべりすること!」もこれまた重要。
レース中喋ってまた夜喋るのかい!と突っ込まれそうですが、一緒に移動するスタッフとあれやこれやとワイワイ喋り、思いっきり笑うのって本当に大事です。

やっぱ何事も大事なのはチームワークと信頼関係。

楽しくやることが一番だとこういうときに毎度毎度痛感します。
サイクリングもレースも、モクモクと自分の目標に向かって自分を高めることも大切ですが、やっぱ気心知れたチームのみんなやショップのスタッフとわいわいやったり、とても素敵な出会いがあったり、なんていうのが醍醐味。
何気なく寄った喫茶店でちょっとお店の人に話しかけてみたり、コンビニで道を聞いてみたり、なんてことからも楽しいハプニングが生まれたり出会いがあったりするものですもんね。
なんだか梅雨が長くって、あっという間の夏が過ぎた感じですが、その分、いろんな出会いや楽しいことに期待しつつ、秋を満喫したいものですね(^^)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読