HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

【フレーム知識】スチールフレームの素材-レイノルズ社と4130クロモリ編

投稿者:ChiuHitoshi

【フレーム知識】スチールフレームの素材-レイノルズ社と4130クロモリ編

こんにちわぁ~😀

自転車工業好きのきゅうべえの台湾人スタッフ🇹🇼 C です。

コロナ騒動でアジア最大の業界展示会–台北サイクルショーもキャンセルと知った僕、

五輪の女子MTBを観戦に行けないよりもどかしい気持ちで、少しフレーム素材のウンチクをまとめて共有します。


近年のグラベル、バイクパッキング・キャンピングの風潮と共に、

大手メーカーのクロモリモデルが少し増加傾向に感じている。

自分が参加する滋賀県のMTBグループの中、よく一緒にトレイルライドをする数名の方の愛車もクロモリです。

こんなクロモリフレームのオフロード系自転車が多い事に、自分なりにその理由を考えてみました↓

1.オフロードが多い走行環境では車体の軽さが全てではなく、頑丈さと振動吸収による乗り味の最適化が肝心

2.価格帯的にお財布にやさしい、皆さんが予算に縛られずに存分にライドを楽しめる

3.耐久性が優れ、アルミより疲労破壊の発生がしにくく、カーボンのように表面衝撃に弱くもない。錆び対策次第でものの持ちが良い。

メーカーが記載するクロモリ材料の詳細には、

Reynolds、Columbus、TANGEなどの名前がよく目にされると思います。

しかもそれぞれReynolds 853、725、520、Columbus CROMO、ZONAとか品番もついています。

そして上記の名前が入ってない時、単にクロモリ(Cr-Mo)か、4130 CrMo で表記する場合もあります。

それらのスチール材の間に一体何の違いがあるのか、好奇心がそそられて取りあえずレイノルズ材と4130クロモリのスペックを調べてました。

Cr-Mo 4130

アメリカの材料基準によるSAE 4130番の配合成分で作ったスチール。

主な添加成分はクロムとモリブデンなので略してクロモリ。

Reynolds Technology (レイノルズ社)

525/520 冷間加工クロモリ鋼

イギリスのレイノルズ社が自社品質基準で生産しているクロモリ鋼です。

成分はSAE 4130に近いかそのままかよく言われる、レイノルズ社がブランディングする自社生産4130クロモリとみなしても良し。

520はレイノルズ社の生産認証をもって台湾で委託生産する品番の事、成分と基準はイギリス製の525と同じです。


725 熱処理クロモリ鋼

熱処理を施された525/520のクロモリです。剛性は冷間製造の520シリーズより優れている。

Heat Treatedとは、熱処理の事。

熱処理の有無でクロモリの強度が変わる。

普通の4130がHeat Treatedついている時ももちろん加熱処理されて、レイノルズ520シリーズから725へ登竜門させるみたいに、

機械的性質がさらに強化したのです。


631 空気焼き入れシームレス鋼

レイノルズ社独自の配合成分で作った、冷間加工のシームレス材。

有名な853が熱処理を施されていないバージョンです。


853 熱処理シームレス鋼

成分では通常のクロモリより多いマンガンを添加の他、各成分の配合比率も独自で開発した名パイプです。

熱処理されたシームレス空気焼き入れ材なので、ハイエンドな強度を持つレイノルズ社の看板と思っています。

比強度が高いため、より薄く仕上げられて軽量性に長けています。


921 オーステナイト系ステンレス鋼

2011年発表した冷間加工のステンレス鋼です、けれど強度が熱処理されたクロモリと同等くらいでとても強い。

酸化への耐性が優れて、錆びる事への心配は少ない。

ところでISO基準でステンレス鋼の定義では、クロムを10%以上含むのです。


953 マルエージング・ステンレス鋼

航空機や宇宙開発で使う特殊鋼の部類に属して、耐腐蝕で且つ超高強度が特徴です。

強度が853より上なので、軽量性と耐久性ともトップグレード。


レイノルズ社の品番は大体数字大きければハイエンドになりがちでわかりやすいだが、

ColumbusとTANGE社の製品は同じようにならないから、いきなり加入すれば内容が読みづらくなると思うので、

今度時間があれば追記します、ご勘弁下さい!

やはりスチールフレームの硬派な自転車はカッコいいだね!

”Steel is real”!


一風変わった「きゅうべえのメルマガ」バックナンバー公開中

 

自転車以外の切り口からスポーツバイクを語ることで異彩を放つ「きゅうべえのメルマガ」配信バックナンバーを公開中。公開数はなんと100配信分以上!暇つぶしにはもってこいですね。きゅうべえのメルマガは購読無料。登録者を対象に毎週配信しています。

 

 

サイクリスト川柳募集中

 

自転車をテーマに川柳(うた)を詠んでみてはいかがでしょうか?
ただいま「サイクリスト川柳」募集中。優秀作品はメルマガ配信内や商品に同梱しているフリーペーパー内でご紹介いたします。サイクリストならではの楽しい川柳をお待ちしております。

 

 

YouTube「きゅうべえチャンネル」始動!

 

人気YouTuberのヒカルさんや芸能人の宮迫さんとのコラボをきっかけにYouTubeチャンネルをスタート。サイクリング動画からコラボ企画の裏話まで楽しく動画を作成しています。これからどんどん動画を増やしていく予定なのでお楽しみに!

 




シェアをお願いします!

投稿者情報:ChiuHitoshi

SNSをフォローして新着情報をチェック!