HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第45回★イベント会場で出逢った「ウィザード」ウェア

投稿者:DJ GALAPA

第45回★イベント会場で出逢った「ウィザード」ウェア

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

全日本までのレース結果を受けて、オリンピックの男子ロードの代表選手がとうとう決定しましたね。

男子ロードの北京代表は、スキルシマノの別府史之選手と、梅丹本舗GDRの宮澤崇史選手。

冷静、かつ、熱い爆発を期待したいです。
先週は、福井県の勝山で行われた「バイクナビグランプリ サイクルフェスタin勝山」のお手伝いをしてきました。

このイベントは、2日間あり、1日目はジャム勝山で3時間エンデューロ。そして、2日目はヒルクライムと2種類のツーリング(はじめてツーリングとうまいもんツーリング)がありました。

この時に出展ブースがいくつか出ていたのですが、今回のレース部門のチャンピオンジャージにもご提供いただいていたウェアで「あ、結構いいかも」と思ったものがあったので、まずはそれをご紹介。

それは「ウィザード」のウェア。
みどり製作所さんのブースで4シーズンウェアとして展開されていました。
重ね着したり、着方を工夫して、オールシーズンさらりとした感触で快適に着られるように提案されていたブースには、様々なカラー展開もあり、とても華やかでした。

特に、今年はやりのスモーキーカラーや、シンプルなデザインのものは「あ、着てみたいなあ」という感じ。

優勝した選手にチャンピオンジャージを贈呈して、早速表彰式のその場で袖を通してもらうのですが「あ、これいいねえ」という感想も聞かれました。

レプリカモデルや従来からあるジャージを普段愛用されている方も、ジャージはちょっと敷居が高くて、という方も、普段使いで快適なラインナップが本当にたくさんありますので、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょう?

「ウィザード」ウェアも一度手にとってみてくださいね(^^)
いや~それにしても。

ツーリング花盛りですね。
今回のイベントでも一番参加者が多かったのはツーリング部門。
インストラクターの方がたくさんいらっしゃって手取り足取りという感じで行われたので、とても行き届いて楽しそうでした。

同じ日にグランフォンド福井も行われていてこちらもすごい数の参加者だったようです。

お友達同士のツーリングや単独ツーリングも楽しいですが、こうやって開催されるイベントで各地をツーリングするのもとても楽しそう。
このツーリングイベントブームが、「普段使いのウェア」のラインナップを増やしてくれているんでしょうね♪

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読