HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス> ディスプレイスタンドの使い方

投稿者:mechanic

<自転車メンテナンス> ディスプレイスタンドの使い方

Pocket
LINEで送る

ディスプレイスタンド(DS-30BLTなど)があると、自転車のメンテナンスを非常に楽に行うことが出来ます。ただ、取り付け時にコツがあるので、初めての方には使い方がわかりにくいと思います。ディスプレイスタンド

スタンドの取り付け方

1
まずは、後輪のディレイラーが取り付けられている側のクイックリリースナット部を、ディスプレイスタンドの溝が付いていない方の穴に当てます。
2
次に、ディスプレイスタンドを拡げるようにして、クイックリリースがついている側に溝がきってある方の穴を取り付けます。

スタンドの外し方

取り付けと逆の手順で、クイックリリースレバーがついている側から拡げて外します。

高さ調整

DS-30BLTには高さ調整機構が付いています。調整するには左右のノブをねじが緩む方向に回し、二本の足の間隔を調整します。MTBなら広く、ロードなら狭くなります。
ロード向けMTB向け
調整した後は左右のノブをしっかり締めてください。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mechanic

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読