HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス> ディスクブレーキの調整

投稿者:mechanic

<自転車メンテナンス> ディスクブレーキの調整

Pocket
LINEで送る

ディスクブレーキ

最近のMTBでは標準となりつつあるブレーキシステムです。

ディスクブレーキの分類

ディスクブレーキには「メカニカルディスクブレーキ」と「オイルディスクブレーキ」の二種類が存在します。

  • メカニカルディスクブレーキ
  • メカニカルディスクブレーキ

    ワイヤーで動かすディスクブレーキで、高コストパフォーマンスが特徴です。Vブレーキ用のレバーと組み合わせるモデルが主流ですが、シクロクロス車用にカンチブレーキ用レバー用のモデルも存在します。

  • オイルディスクブレーキ
  • オイルディスクブレーキ

    ブレーキフルードで動かすディスクブレーキで、高級MTBを中心に採用されています。高い制御性と制動力を持ちます。

    ※メンテナンスに特殊なノウハウが必要ですので、メンテナンス時は専門知識を持つショップに依頼するか、メーカーのサービスマニュアルを参照してください。また、フルードによっては最低でも一年に一回はフルード交換が必要になります。

調整

ディスクキャリパー

ローターの増締め

固定ボルトを締める順番

ディスクローターの固定は、「六穴タイプ」と呼ばれる(主に)T25トルクスレンチを使って締めるタイプと、「センターロック」と呼ばれるシマノのスプロケット回しで締めるタイプの二種類あります。六穴タイプは締める順番に注意して下さい。

パッド位置の調整

インターナショナル台座の場合、まず上図の「アダプター固定ボルト」をしっかり締めます。

キャリパー固定ボルトを緩め、動くようにします。そして、パッドとローターが並行かつ左右の隙間が均等になるように調整していきます。位置が決まったら固定ボルトを締めてキャリパーを固定します。

(メカニカルディスクのみ)レバーストロークの調整

レバーストローク調整

メカニカルディスクブレーキは、Vブレーキと同じようにワイヤーの引き方でレバーストロークを調整できます。

ローターの調整

ローターの修正

ホイールを回すと定期的に擦る音がする場合、ローターが歪んでいます。ローター修正工具で修正します。修正はパッドとローターが擦る位置を見つけ、その部分を引き離すように、修正工具でローターを曲げます。緊急時ならモンキーレンチやプライヤーでも修正できますが、ローターにバリが出るのでできれば避けてください。

オイルディスクブレーキの取扱い

オイルディスクブレーキは、その構造上いくつか注意するべき点があります。

  • レバーストロークの調整は基本的にできない
  • オイルディスクブレーキには、パッドとローターとの距離を一定に保ち、常に同じ制動力を得る仕組みが搭載されているため、レバーストロークの調整は、シマノの一部モデルのようにレバー側でストローク調整が可能なモデル以外では不可能です。

  • 輪行時、メンテナンス時には特に注意
  • スペーサースペーサーの使い方レバーの固定

    ローターを外した状態でレバーを触ると、レバーストロークが大きく変わったり、最悪パッドがくっついたりピストンが抜けてしまいます。また、自転車をひっくり返すと、オイルラインに空気が入り込みブレーキが効かなくなることがあります。輪行などでホイールを外したら、ブレーキに付属するプラスチック板、ない場合はローターと同じ厚さの板をパッドの間に必ず挟んで下さい。また、万が一オイルラインにエアーが入った(レバーをいくら握っても効かなくなる)場合、メーカーのサービスマニュアルを参考にしてエアー抜きする必要になります。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mechanic

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読