サイクル用ヘルメット(子供用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用ヘルメット(子供用)

キッズ・ジュニア用のヘルメットは、大切なお子様の頭部を守る重要なアクセサリです。成長著しいお子様のサイズに合わせて様々なサイズのヘルメットが展開されています。未就学児童向けのものは、キャラクターや動物の絵が描かれているものもあり、お子様の可愛らしさも演出します。補助輪なしで自転車に乗れるようになったお子様用には、ジュニア用のカテゴリからお選び頂くと、合うサイズのものが見つけやすいかと思います。 サイクル用ヘルメット(子供用)

サイクル用ヘルメット(子供用)の詳細なカテゴリ

ジュニア用

ジュニア用

ジュニア用のヘルメットは、4,5歳以降のお子様に合わせやすいサイズのものになっています。頭のサイズが50cm以上のサイズのものがメインとなります。大きい物では、中学生向けの通学ヘルメットもあり、大人用と同等のサイズの物もあります。比較的カラー・デザイン展開も多く、お子様の好みに合わせてお選びいただけます。万が一の事故や転倒で、大切なお子様の頭部を守る大事なアクセサリです。

幼児用

幼児用

幼児用のヘルメットは、4歳くらいまでのお子様に合わせやすいサイズのヘルメットが並んでいます。頭のサイズが50cm程度以下のサイズがメインとなります。頭の形や大きさには個人差があるので明確な区切りはできませんが、もう少し大きめのものをお求めの場合は、ジュニア用ヘルメットも御覧ください。可愛らしいデザインやキャラクターが描かれたものは、幼いお子様の可愛さも引き立てます。

サイクル用ヘルメット(子供用)のおすすめブランド

BELL(ベル)

BELL(ベル)は、常に研究開発を続け、最新の安全性・性能を追求する自転車ヘルメットのトップブランドです。レースシーンでも数々の勝利をおさめ、そのパフォーマンスはお求め易いエントリーモデル、子供用モデルから、ハイエンドのモデルまで、ラインナップ毎に求められる性能を考え、素材の選定から製法まできめ細かい配慮により生産されています。キッズ・ジュニア用のヘルメットは、乳幼児が使えるものからワンパクな児童が使えるものまでラインナップされています。お子様が装着した時のバランス・機能だけでなく、お子様に気に入っていただける様々なカラー・デザインにもこだわった商品を展開しています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

日本が誇る、もはや説明不要の自転車メーカーBRIDGESTONE(ブリヂストン)。自動車やオートバイのタイヤブランドとしても大変有名です。自転車は、本格的なレースブランドであるAnchor(アンカー)から、普段の足となり、通勤・通学・お買い物を支えるシティサイクルまで展開しています。各パーツ・アクセサリも多数展開している安心の自転車ブランドです。キッズ・ジュニア用ヘルメットは、全商品でカラー展開が豊富です。男の子にも女の子にも、年齢や頭のサイズに応じて気に入っていただけるものが展開されています。大切なお子様の頭部をしっかり守ります。

Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)

Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)は、デンマークのキッズ向けバイシクルアクセサリーブランドです。とても可愛いヘルメットや前後ライト、ロックやリフレクターなどが並びます。動物をモチーフにした3Dデザインは、お子様自身も喜んでいただけるものになっています。ヘルメットの安全規格もクリアし、リーズナブルな価格で、パパ・ママにも嬉しい商品が並んでいます。

サイクル用ヘルメット(子供用)について

サイクル用ヘルメット(子供用)の特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用ヘルメット(子供用)の選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用ヘルメット(子供用)のオススメの選び方を紹介します。サイクル用ヘルメット(子供用)選びにご参考ください。