サイクル用ヘルメット(幼児用)の特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用ヘルメット(幼児用)の特徴

サイクル用ヘルメット(幼児用)の特徴

  1. 1通気口

    ライディング時の体温上昇を抑えるために大きな通気口を配置。一般的には上位モデルほど通気口の面積が大きくなりクーリング性能が向上します。

  2. 2重量

    ライディング時の首への負担の軽減に軽量な物がおすすめです。帽体内のフレーム素材やストラップなど上位モデルほど軽量な素材を使用しています。

  3. 3安全性能

    各種安全規格への適合しています。

  4. 4グラフィック

    可愛いデザインから、大人用に負けないデザインのものまで多彩なラインナップがあります。

サイクル用ヘルメット(幼児用)のブランド

BELL(ベル)サイクル用ヘルメット(幼児用)

BELL(ベル)は、常に研究開発を続け、最新の安全性・性能を追求する自転車ヘルメットのトップブランドです。レースシーンでも数々の勝利をおさめ、そのパフォーマンスはお求め易いエントリーモデル、子供用モデルから、ハイエンドのモデルまで、ラインナップ毎に求められる性能を考え、素材の選定から製法まできめ細かい配慮により生産されています。幼児用のヘルメットは、初めてのヘルメットに最適です。軽量な設計でお子様の頭に負担をかけにくく、カラー・デザイン展開が豊富で、男の子も女の子もお気に入りのヘルメットを選べます。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)サイクル用ヘルメット(幼児用)

LouisGaruneau(ルイガノ)は、1983年に誕生したカナダのスポーツ用品メーカーです。高い独創性と製品企画、技術開発により業界でも指折りのブランドとして賞賛されています。サイクルウェアの製造がブランドの始まりでしたが、今では自転車関連製品だけにとどまらず、スキー、フィットネス、スイミングなど多岐にわたり展開され、欧米を中心にアジア、オセアニアなど世界各国でルイガノ製品が販売されています。幼児用ヘルメットは、可愛らしいデザインと、後頭部まで覆うヘルメット形状が特徴的です。調整ベルト付きのものは、子ども用でありながらもフィット感の高いものとなっています。

Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)サイクル用ヘルメット(幼児用)

Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)は、デンマークのキッズ向けバイシクルアクセサリーブランドです。とても可愛いヘルメットや前後ライト、ロックやリフレクターなどが並びます。動物をモチーフにした3Dデザインは、お子様自身も喜んでいただけるものになっています。ヘルメットの安全規格もクリアし、リーズナブルな価格で、パパ・ママにも嬉しい商品が並んでいます。Crazy-Stuff(クレイジースタッフ)がラインナップするキッズ用のヘルメットは、動物の顔をモチーフとしたユニークなものになっています。動物の顔をデフォルメして顔をそのままヘルメットにしており、小さなお子様が喜んで被りたくなるようなデザインになっています。対象年齢は3歳から8歳までとなっており、自転車に乗り始めるお子様におすすめです。公園や広場で自転車に乗る際にも、もしもの転倒を考えるとヘルメットを被ることは重要です。そこで、お子様自身が被りたくなるようなCrazy-Stuff(クレイジースタッフ)のヘルメットはいかがでしょうか?

サイクル用ヘルメット(幼児用)について

サイクル用ヘルメット(幼児用)の特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用ヘルメット(幼児用)の選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用ヘルメット(幼児用)のオススメの選び方を紹介します。サイクル用ヘルメット(幼児用)選びにご参考ください。