サイクル用ジュニア(子供)向けヘルメットの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイクル用ヘルメット(ジュニア用)の特徴

サイクル用ヘルメット(ジュニア用)の特徴

  1. 1通気口

    ライディング時の体温上昇を抑えるために大きな通気口を配置。一般的には上位モデルほど通気口の面積が大きくなりクーリング性能が向上します。

  2. 2重量

    ライディング時の首への負担の軽減に軽量な物がおすすめです。帽体内のフレーム素材やストラップなど上位モデルほど軽量な素材を使用しています。

  3. 3安全性能

    各種安全規格への適合しています。

  4. 4グラフィック

    可愛いデザインから、大人用に負けないデザインのものまで多彩なラインナップがあります。

サイクル用ヘルメット(ジュニア用)のブランド

BELL(ベル)サイクル用ヘルメット(ジュニア用)

BELL(ベル)は、常に研究開発を続け、最新の安全性・性能を追求する自転車ヘルメットのトップブランドです。レースシーンでも数々の勝利をおさめ、そのパフォーマンスはお求め易いエントリーモデル、子供用モデルから、ハイエンドのモデルまで、ラインナップ毎に求められる性能を考え、素材の選定から製法まできめ細かい配慮により生産されています。ジュニア用のヘルメットは、大人用のヘルメットと同じ性能を保持しながらも子どもの頭のサイズに合わせたものとなっています。デザイン展開も豊富なのでお気に入りのヘルメットで頭を守ることができます。

BBB(ビービービー)サイクル用ヘルメット(ジュニア用)

BBB(ビービービー)は、オランダの2人の情熱にあふれたサイクリストによって1999年に設立されました。名称は「BIKEPARTS FOR BIKERS BY BIKERS」の略で、サイクリストによる、サイクリストのための自転車パーツを開発していくことを信条としています。現在は、世界中で商品が販売され、商品点数も1500を超える巨大パーツメーカーへと成長を遂げています。自転車パーツの総合メーカーとなり、自転車に関するものであれば何でも扱うようになったBBB(ビービービー)ですが、価格帯も抑えられており種類も多いことから、多くのユーザーから高い評価を得ています。BBB(ビービービー)というメーカー自体がものすごく有名である訳ではありませんが、品質もよくユーザーの要望にしっかり応えている商品が多いと言えます。サイクルパーツ全般を扱っており、ヘルメットも例外ではありません。ヘルメットメーカーは多くありますが、キッズ用のヘルメットを扱っているところは多くありません。ヘルメットは自転車に乗るうえで非常に重要ですが、キッズ用の小さいサイズはあまりラインナップしていないので、キッズ用のものをお探しの場合はBBB(ビービービー)のラインナップから探してみてはいかがでしょうか?

OGK Kabuto(オージーケーカブト)サイクル用ヘルメット(ジュニア用)

OGK Kabuto(オージーケーカブト)は、世界のニーズと信頼にこたえるために、日々、研究を重ねる日本のメーカーです。ヘルメットを始め、アイウェアやグローブなどのライダーを保護する商品を主に展開し、ボトルやボトルケージなどのアクセサリー商品も展開しています。日本人のシルエットに合う商品を展開しています。OGK Kabuto(オージーケーカブト)は自転車のメーカーでは珍しい日本のメーカーであり、日本人の体格に合わせた商品作りをしています。そのため、フィット感が重要になるヘルメットやグローブなどは選びやすく、多くのライダーから愛用されています。また、製品の品質管理も徹底されており、商品だけでなくメーカーにも信頼がおけると言えます。一般的な海外のヘルメットメーカーと比べて、OGK Kabuto(オージーケーカブト)ではキッズやジュニア用のヘルメットのラインナップが多く、選択肢が多いのが特徴です。また、日本人向けに設計しているOGK Kabuto(オージーケーカブト)では成長の早い子供の頭にもフィットしやすく選びやすいのが特徴です。

サイクル用ジュニア(子供)向けヘルメットについて

サイクル用ヘルメット(ジュニア用)の特徴・選び方を詳しく解説。サイクル用ヘルメット(ジュニア用)の選び方が分からない、迷ってる方に、サイクル用ヘルメット(ジュニア用)のオススメの選び方を紹介します。サイクル用ヘルメット(ジュニア用)選びにご参考ください。