マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキの特徴・選び方

このカテゴリの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキ

ディスクブレーキとは、ハブの横についているローターをメカのパッドで挟んでブレーキをかけるタイプのものになるます。ワイヤー式と油圧式があり主にマウンテンバイクに付いていたり、シクロクロスなどのモデルに搭載されていることが多いです。 ディスクブレーキはVブレーキより制動力に優れていますが、メンテナンス面での難しさなどがあります。ただ雨や泥に強いというメリットもあります。 マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキ

マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキの詳細なカテゴリ

ワイヤー用

ワイヤー用

ワイヤーを引っ張りメカのパッドを動かしてローターを挟み込んで止めるタイプのものになります。

油圧用

油圧用

油圧式はワイヤーの替りに専用のオイルを入れてオイルを押し出すことでメカを動かしローターを挟み込んで止めるタイプのものになります。ワイヤー式のタイプよりメンテナンスがしやすく、安定しています。

マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキのおすすめブランド

SHIMANO DEORE XT(シマノ ディオーレ XT)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。MTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの上位に位置するDEORE XT(デオーレXT)は、レースからファンライドまであらゆるレベルのライダーのニーズに応えるべく、最上位コンポーネントであるXTRから継承された最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。DEORE XT(デオーレXT)のディスクブレーキは、メタルパッドにはフィンが付属しますが、レジンパッドにはフィンが付属しません。優れた制動力と安定したパフォーマンスを実現します。

SHIMANO SAINT(シマノ セイント)

ロード・MTBの最先端コンポーネントから、安価な軽快車用のコンポーネントまで展開する、言わずと知れた世界のトップコンポーネントブランドであるShimano(シマノ)。エクストリームMTB(マウンテンバイク)用コンポーネントの最高峰に位置するSAINT(セイント)は、ワールドクラスのDH(ダウンヒル)やハードコアトレイルライドをメインにあらゆるアクションライドのニーズに応えるべく最先端のテクノロジーを余すところ無く盛り込み、類稀な高強度を誇っています。SAINT(セイント)のディスクブレーキは、ハイパワー4セラミックピストンキャリパーで、高い制動力を実現します。

TRP(ティーアールピー)

TRP(ティアールピー)は、自転車におけるブレーキシステムを素材、機能、デザインとあらゆる面から最高品質のものを世に送り出すことを理念に誕生したブランドです。カーボン素材はもとよりチタン、アルミニウムにいたるまで様々な素材を駆使し、ブレーキ性能というスポーツバイクの性能を大きく左右するものを極限まで軽量化しつつ、耐久性も維持し最適なブレーキ性能を実現した製品を展開しています。MTB用のディスクブレーキは、高いパフォーマンスを発揮する油圧式のブレーキを展開しています。

マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキについて

マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキの特徴・選び方を詳しく解説。マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキの選び方が分からない、迷ってる方に、マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキのオススメの選び方を紹介します。マウンテンバイク(MTB)用ディスクブレーキ選びにご参考ください。